@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

教訓詩【きょうくんし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

教訓詩
きょうくんし
詩の一種。古代ギリシア・ローマで特に重要なジャンルで,通常叙事詩の詩形を用いるが,ホメロスの物語叙事詩とは異なって,科学,哲学,系譜学,各種の技術などをテーマにして,読者に知識と教訓を与えることを目的とする。古くはヘシオドスの『仕事と日々』と『神統紀』があり,クセノファネスパルメニデス,エンペドクレスらの哲学者は叙事詩によって思想を表現した。ヘレニズム時代にはアラトスの天文書『現象』とニカンドロスの医書『有害動物対処法』および『解毒法』がある。ローマにはルクレチウスがエピクロス哲学を情熱的に歌った『物の本性について』 (6巻) があり,ウェルギリウスの『農耕詩』 (4巻) も形式上はこのジャンルに属する。オウィディウスの『愛の技術』と『愛の治療』は教訓詩の皮肉なもじりである。近代文学では,ボアローの『詩法』,ポープの『人間論』などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

教訓詩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

教訓詩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation