@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

散らし鮨【チラシズシ】

デジタル大辞泉

ちらし‐ずし【散らし×鮨】
鮨飯の上に、刺身・ゆでた小えび・玉子焼き・かまぼこかんぴょうなどを並べた。関西では、小さく切った具を鮨飯にまぜたものに錦糸(きんし)玉子をのせ、ばらずし・ごもくずし・かやくずしなどとよぶ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典

ちらしずし【散らし鮨】
すし飯の上に魚介類、卵焼き、甘辛く煮たかんぴょうやしいたけ、ゆでたにんじん竹の子、甘に漬けたれんこんなどの具をのせたり混ぜたりしたすし。主に関東で作られる、生の魚介類やゆでたえび、厚焼き卵など握りずしのすしだねをすし飯の上にのせたものは、すし店で食べることが多い。一方、魚介類(塩や酢で締めた魚、ゆでたえび、たれを塗って焼いたあなごなど)やかんぴょう・しいたけ・にんじん・竹の子・れんこんなどを細かく切って、すし飯に混ぜ合わせ(締めた魚やえびは混ぜずにのせることもある)、上に錦糸卵などをのせたものは、家庭で作ったり、持ち帰り用のものを店で購入したりすることが多い。◇混ぜるものは「五目ずし」「混ぜずし」「ばらずし」ともいう。「ちらし」と略す。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちらしずし【散らし鮨】
鮨飯の上に刺身・玉子焼き・野菜・海苔のりなどをのせた料理。また、具をきざんで鮨飯に混ぜたものもいう。ちらし。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

散らし鮨」の用語解説はコトバンクが提供しています。

散らし鮨の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation