@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

散乱波【さんらんは】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

散乱波
さんらんは
scattering wave
散乱によって生じた波で,通常は球面波である。量子力学ではたとえば標的を原点,入射波の進行方向を z 軸として極座標 を考えると,波動関数の十分遠方での形 (漸近形) は となり,第1項が入射平面波,第2項が散乱波を表わす。係数 散乱振幅である。2粒子の弾性散乱はポテンシャル V による散乱と考えることができるが,V が球対称 (中心力) の場合には,角運動量が保存される。波動関数 ψ(r) を方位量子数 l についてルジャンドル多項式 (→ルジャンドルの関数 ) Pl( cos θ) で展開し ψ(r)=Σψl(r)Pl( cos θ) とするとき,l=0 に対する部分波がS波,l=1 に対する部分波がP波である。低エネルギーでは,散乱は l が小さい状態,特にS波でおもに起る。散乱波の十分遠方での位相を実験的に決定することは,入射粒子の標的から受ける相互作用ポテンシャルを知るための手掛りとして重要である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんらんは【散乱波】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

さんらん‐は【散乱波】
〘名〙 電離層での電子密度の違いや、対流圏での大気の屈折率の乱れで乱反射した電波。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

散乱波」の用語解説はコトバンクが提供しています。

散乱波の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation