@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

散書【ちらしがき】

精選版 日本国語大辞典

ちらし‐がき【散書】
〘名〙
① 色紙・短冊・艷書などに、和歌や文の一、二句ずつを、行の頭をそろえず、また、濃く淡く、太く細くなどさまざまに、また、とびとびに散らして書くこと。また、その手紙。多く女性の手紙の書き方にいった。散らしぶみ。
※園太暦‐貞和三年(1347)正月二一日「自仙洞女房奉書到来。〈略〉本はちらしかき也」
② 模様などをばらばらに、また、とびとびに散らして描くこと。
※うもれ木(1892)〈樋口一葉〉八「金模様の蝶のちらし書(ガ)き」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

散書」の用語解説はコトバンクが提供しています。

散書の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation