@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

散開星団【さんかいせいだん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

散開星団
さんかいせいだん
open cluster
数十個から数百個の星が天の一角に雑然と集ったもので,星がほぼ球状に集った球状星団に対する語。銀河星団と呼ばれることもある。散開星団のうち,おうし座ヒアデス星団プレアデス星団 M45 (和名「すばる」) ,かにプレセペ星団 M44などは肉眼でも見える。その大きさはおよそ1~20光年。銀河系内の散開星団の数は約1万 5000個と推定されているが,そのうち知られているものは約 1000個である。散開星団の星は種族Iで,主系列に属する明るいO型,B型の星が多い (→恒星の種族 ) 。散開星団に属する星は,通常若い星が多く,例外的に古いかに座の M67でも,生れてから 6000万年ほどである。星団は次第に広がって分散してしまうとされている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さんかい‐せいだん【散開星団】
数十から数百個の恒星が、10光年程度の範囲に不規則に集まった星団。約1000個発見されており、銀河面に沿って分布する。牡牛(おうし)座プレアデス星団ヒアデス星団有名。銀河星団。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんかいせいだん【散開星団 open cluster】
主として天の川に沿って分布している星団である。それぞれまったく異なる見かけの姿を示す。〈すばる〉はとくに著名で,清少納言の《枕草子》にも星といえばすばるがいちばん美しいと書かれている。今まで知られている約1000個の散開星団の中には,球状星団として数えられたこともある密集した星団から,固有運動の共通性から初めて星団として認知されたものまである。その集中度もいろいろで,数十個から数百個の恒星が,直径20光年くらいの空間に集まっている天体である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

散開星団
さんかいせいだん
open cluster

数十から数百の星が50光年程度の領域に比較的緩やかに集合している星団。銀河系の円盤(ディスク)、とくに渦巻腕の中で同時に誕生した星々の集団である。銀河系のハロー(ディスクを包み込む領域)に分布する球状星団が種族Ⅱの星からできている(球状星団は種族Ⅱの天体という言い方もされる)のに対し、散開星団は種族Ⅰの星から成っている(同前)。ディスクにある散開星団は、星間吸収の影響を強く受けているので、遠方に行くほど観測が困難になる。これまでに約1500個の散開星団が知られているが、これらは太陽に近いものである。散開星団の年齢は数百万年から数十億年まで広い範囲にわたる。若い散開星団のHR図(色-等級図)は、青い星から赤い星まで主系列がはっきり認められる。もっとも若い散開星団は、その生まれるもとになった星間物質の名残(なごり)をとどめていることがある。プレヤデス星団の反射星雲が有名な例である。

 散開星団の観測を通して星間吸収の問題が解決した。星間空間が透明(光を吸収しない)かそうでないかは、宇宙の形と大きさを決める20世紀初頭の研究で大問題となっていた。1930年にトランプラーは、散開星団の距離を二つの方法で比較した。星の明るさ(分光視差)から推定した距離と、星団の直径から推定した距離を比べると、前者の方が後者よりも系統的に大きくなった。これは、星団から光がわれわれに届くまでに星間空間で吸収されて弱くなるので、吸収がないとした場合より距離が遠いように見積もられることを示していた。こうして、星間吸収の存在が初めて観測的に実証された。

[岡村定矩]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さんかい‐せいだん【散開星団】
〘名〙 数十ないし数百の恒星が、空間の一区域に不規則に集合している体系。おうし座のプレアデス星団(すばる)、ヒアデス星団など。銀河星団ともいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

散開星団」の用語解説はコトバンクが提供しています。

散開星団の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation