@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

敦賀【ツルガ】

デジタル大辞泉

つるが【敦賀】
福井県中南部の市。もと酒井氏の城下町敦賀湾に面して自然の良港をなし、古来、日本海沿岸や大陸交通の要地として繁栄気比(けひ)神宮敦賀発電所がある。人口6.8万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つるが【敦賀】
[一] 福井県中央部の地名。敦賀湾に面する。古来、大陸との海上交通の要港であり、江戸時代、北陸道と若狭(わかさ)路との分岐点の宿駅、西廻航路の寄港地として繁栄。明治以後は第二次世界大戦前までウラジオストクや朝鮮との間に定期航路が開かれていた。化学・セメントなどの工業が行なわれ、水産加工業も盛ん。気比(けひ)の松原・気比神宮などがある。昭和一二年(一九三七)市制。
※霊異記(810‐824)中「磐嶋は〈略〉越前の都魯鹿(ツルガ)の津に往きて」
[二] 明治四年(一八七一)の廃藩置県後、若狭国の小浜県と越前国の鯖江県とを合わせてできた県。のち越前国北部の足羽県を合併。同九年石川県・滋賀県に分属。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

敦賀
つるが
福井県中央部,敦賀湾に臨む港町
奈良時代,渤海 (ぼつかい) の使節のために松原客館が置かれた。平安時代以後,北陸の荘園年貢の輸送地として,日本海より琵琶湖を経て京都と結ぶ要地となり,鎌倉時代以後,問丸 (といまる) も発達した。戦国時代には港湾都市として発展。1937年市制施行

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

敦賀」の用語解説はコトバンクが提供しています。

敦賀の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation