@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

敬虔主義【ケイケンシュギ】

デジタル大辞泉

けいけん‐しゅぎ【敬×虔主義】
17世紀末から18世紀中ごろ、ドイツプロテスタント教会の正統主義信仰の教義化および形式化に反対して起こった信仰運動シュペーナーらによって指導され、信仰の内面性、敬虔、実践性と禁欲的生活を唱えた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けいけんしゅぎ【敬虔主義 Pietismus[ドイツ]】
17世紀後半から18世紀前半にかけてドイツのプロテスタント教会に興った強力な信仰運動。三十年戦争の悲惨な体験がきびしい罪意識を生み出し,真に福音的・ルター的な信仰の再起をうながした。16世紀の〈宗教改革〉の結果が主知主義的正統主義となり,教会は領邦教会として形骸化していったとき,いわば新たな宗教改革が意図されたのである。宗教改革は〈信仰義認〉を唱えたが,敬虔主義の標語は〈生きた信仰・再生〉であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

けいけんしゅぎ【敬虔主義】
一七世紀末、ドイツのルター派教会内におこったキリスト教思潮、またその運動。教会の形式主義・知識偏重主義に抵抗し、聖書を中心とし内的な敬虔と実践を重んじた。 A = H =フランケらを指導者とする。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けいけん‐しゅぎ【敬虔主義】
〘名〙 一六九〇年ごろから一七三〇年ごろ、ドイツプロテスタント教会(ルター教会)の正統主義信仰の教義化および形式化に反対して起こった信仰運動。P=J=シュペーナーによって指導され、信仰の個人的内面性、敬虔、実践性を唱えた。その影響は広くヨーロッパ社会に及んだ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

敬虔主義
けいけんしゅぎ
敬虔派」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

敬虔主義」の用語解説はコトバンクが提供しています。

敬虔主義の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation