@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

敵役【かたきやく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

敵役
かたきやく
歌舞伎役柄の一つ。悪人役の総称で,悪人方,悪方ともいう。実悪 (じつあく) は最高級の敵役で,立敵 (たてがたき) ともいい,師直,仁木,光秀,五右衛門などが知られる。公家悪 (くげあく) は多く青隈をとる公卿装束の悪人で,時平など。色悪 (いろあく) は美男の悪人,平敵 (ひらがたき) は端敵 (はがたき) ともいい,軽い憎まれ役,半道敵 (はんどうがたき) は敵役に道化を含ませた役柄。その他,世話狂言の悪番頭の手代敵御家 (騒動) 物の伯父敵などと分化している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かたき‐やく【敵役】
芝居で、悪人にふんする役。悪役。悪形(あくがた)。
人から憎まれる立場にある人。憎まれ役。「敵役に回る」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てき‐やく【敵役】
かたきやく」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かたきやく【敵役】
歌舞伎の役柄の一つで悪人の役。またそれを専門に演ずる俳優をいう。今日では演劇一般,映画でも使われ,〈悪役〉ともいう。元禄時代には敵役(てきやく),悪人方,悪方(いやがた)ともいっていたが,のちに〈かたきやく〉という呼び方におちついた。時代が下り役の種類が複雑化するにつれて,いろいろな名称が生まれた。そのおもなものをあげると,〈実悪(じつあく)〉また〈立敵(たてがたき)〉は悪人中の悪人の役で,顔は白塗り,燕手(えんで)という凄みのあるかつらを用い,堂々たる貫禄を見せるものが多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

てきやく【敵役】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かたきやく【敵役】
演劇で悪人を演ずる役。悪役。悪形あくがた。てきやく。
他人から憎まれることをあえて行う役目。憎まれ役。てきやく。 -を買って出る

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てきやく【敵役】
かたきやく敵役

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

敵役
かたきやく
歌舞伎(かぶき)の役柄の一つで、広く悪人の役をいう。善人の男の役を意味する立役(たちやく)に対するもの。演目や役の性質により、いろいろな種類と名称がある。たとえば『先代萩(せんだいはぎ)』の仁木(にっき)、『金閣寺(きんかくじ)』の大膳(だいぜん)など、謀反の元凶は最高級の敵役で、実悪(じつあく)(または立敵(たてがたき))とよばれる。同じく位の重い敵役で、『菅原(すがわら)』の時平(しへい)、『妹背山(いもせやま)』の入鹿(いるか)など、顔に藍隈(あいぐま)を施し、魔王のような力を発揮する役は、公卿(くぎょう)の悪人の意味で公家悪(くげあく)という。ほか『累(かさね)』の与右衛門(よえもん)や『四谷怪談』の伊右衛門のような美男の悪人を色悪(いろあく)、『忠臣蔵』の薬師寺(やくしじ)のように安手な敵役を平敵(ひらがたき)または端敵(はがたき)、同じく伴内(ばんない)のように道化の要素の濃い敵役を半道敵(はんどうがたき)とよび、平敵・半道敵のなかには、『先代萩』の大江鬼貫(おにつら)や『菅原』の土師兵衛(はじのひょうえ)などを伯父敵(おじがたき)、『妹背門松(いもせのかどまつ)』の善六や『法界坊』の長九郎などを手代敵(てだいがたき)(または番頭敵)というように、役の年齢、身分からきた呼称もある。なお敵役というのは、本来悪人を専門とする俳優のことでもあり、悪人方ともよばれた。また一般語にもなっているが、今日の演劇、映画、テレビなどでは「悪役(あくやく)」ということが多い。[松井俊諭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かたき‐やく【敵役】
〘名〙
① 劇の中で、悪人として登場する役。また、その役の人。公家悪(くげあく)、実悪(じつあく)、色悪(いろあく)、実敵(じつがたき)、平敵(ひらがたき)、半道敵(はんどうがたき)など、内容や役柄からいろいろの種類に分けられる。悪役。悪がた。かたき。〔人倫訓蒙図彙(1690)〕
※歌舞伎・四天王楓江戸粧(1804)六立「敵役(カタキヤク)にはしゃっ面見せ、事もおろかや某は、源の頼光が股肱腹心と呼ばれたる、碓氷の荒太郎定光」
② (広く一般的に用いられて) 他人から憎まれるようなことを、あえて行なう役目。また、その人。憎まれ役。天明(一七八一‐八九)頃から天保(一八三〇‐四四)頃に、特に流行したことば。かたき。
※歌舞伎・傾城倭荘子(1784)大序「有やうは金が欲しさの、敵役(カタキヤク)でござりまする」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てき‐やく【敵役】
〘名〙
① 演劇などで悪人として登場する役。また、その人。かたき役。
② 人から憎まれるようなことをあえてする役。また、その人。にくまれ役。かたき役。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

敵役」の用語解説はコトバンクが提供しています。

敵役の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation