@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

敷延【しきのべる】

精選版 日本国語大辞典

しき‐の・べる【敷延】
〘他バ下一〙 しきの・ぶ 〘他バ下二〙
① ひろげて敷く。一面に敷きつめる。
※太平記(14C後)三九「橋板に太唐氊・呉郡の綾・蜀江の錦、色々に布展(シキノ)べたれば」
② 意志や考え、徳や恵みなどを広く及ぶようにする。
※両足院本毛詩抄(1535頃)一「召公は是を諸侯にしきのへられた程に徳化が大になって」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

敷延」の用語解説はコトバンクが提供しています。

敷延の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation