@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

敷網【しきあみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

敷網
しきあみ
lift net
漁具一種正方形長方形円形扇形,箕状の1枚の縮結 (いせ) を多く入れ,使用時には浅い袋状になるように仕立てられている。使用法は,魚群が網の上に来るのを待って揚網する。魚群の来集を効果的にするために集魚灯やまき餌を使い,さらに衝撃音や竹,石なども使う。底敷網と浮敷網があり,さんま,真あじ,いわし,いかなご,さば,そうだがつおなど群れをなしているもの,あるいは灯火に群集する性質の魚類をとるのに使われる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しき‐あみ【敷(き)網】
袋状の網を水中に沈め、魚群がその上に来たときに引き上げて捕る網。また、その漁法。浮き敷き網・底敷き網などがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しきあみ【敷網】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

敷網
しきあみ
漁具のうち、網漁具の一種。方形、長方形、円形あるいは穀物の殻や糖をふるい分ける農具である箕(み)状で、多くは網全体が浅い袋状となるようにつくられているが、一部にはさらに袖(そで)網などがついているものもある。この網をあらかじめ水中に張っておく場合と、海底に敷いておく場合とがあって、いずれも魚群が自然に、あるいは集魚灯、撒餌(まきえ)や駆具(くぐ)によって乗網するのを待って、すくいあげる。前者を浮敷網類とよび、棒受(ぼううけ)網、二艘(そう)張網、八艘張網、八手(やつで)網(八田(はちだ)網)、焚入(たきいれ)網、ランプ網、ボラ敷網、さで網などがこれに属し、後者を底敷網類とよび、各種の袋網、四手(よつで)網などがある。敷網は、元来、抄(すくい)網が発達し大型化したもので、沖合いでも操業するようになった。しかし、四手網、袋網を除いた敷網類の形状は、潮流や風あるいは操船によって保たれ、風波の影響を受けやすいため、操業水域もおのずから沿岸に限定される場合が多い。ただし、棒受網だけは外洋で漂流しながら操業できる利点をもった唯一の例外である。また、敷網類の漁獲対象も、サンマ、アジ、サバ、イワシなど容易に誘導できる魚種が多く、これはこの網が魚群の来遊を待つ受動的漁具であることによる。敷網類のさで網は抄網類のそれと漁具構成上ほとんど変わらない。しかし、前者はあらかじめ網を設置しておき、流れや駆具によって魚群が乗網するのを待つという漁法に敷網としての特徴がある。
 棒受網は長方形の網で、縦に長い網と横に長い網とがある。投網舷(とうもうげん)は漁船の潮下あるいは風上舷で、網を張り出す1辺を竹や浮子(あば)で浮かし、その対辺にあたる船側の1辺には沈子(ちんし)と数条の前綱と手綱をつけて沈めておく。灯火や餌(えさ)によって網の上に魚群を誘導し、手綱と前綱を急に船内に巻き込んで揚網する。秋季に千葉県以北の太平洋岸沖合いでサンマ、秋から春にかけて伊豆七島水域でアジ、そのほかの各地でイワシ、サバを漁獲する。八手網は四角形の網で、これに袖網をつけた網が縫切(ぬいき)り網である。2艘の船が錨(いかり)で停泊するか、航走して網が袋状になるように投網し、魚群が乗網すれば、ただちに沈子部と左右の網を船内に取り込む。夏季はサバ、イワシなどを沿岸で、秋季には沖合いで漁獲する。
 2006年(平成18)の敷網類による漁獲量は約28万トンで、日本の総漁獲量の約6.3%である。多獲魚種はサンマ、アジ、サバ、イワシ、ソウダガツオ、シラス、トビウオ、イカナゴ、イカである。敷網類による漁獲量の85%強がサンマ棒受網によるもので、サンマ棒受網は産業上重要な漁具といえる(農林水産省「平成19年海面漁業生産統計調査」による)。[笹川康雄・三浦汀介]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しき‐あみ【敷網】
〘名〙 海中に一時的に敷設して、中または上に魚群を誘致し、距離を移動して漁獲の目的を達成する、方形・円形または箕(み)形袋状の網。浮敷網、底敷網、雑敷網などがある。誘致には集魚灯やまき餌が用いられる。主要対象魚はサンマ、アジ、サバ、イワシなど。
※山家集(12C後)下「しらなはに小鮎引かれて下る瀬にもち設けたる小目のしきあみ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

敷網」の用語解説はコトバンクが提供しています。

敷網の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation