@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

文七元結【ブンシチモトユイ】

デジタル大辞泉

ぶんしち‐もとゆい〔‐もとゆひ〕【文七元結】
文七1で作った上等な元結。ぶんしちもっとい。
[補説]作品名別項。→文七元結

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶんしちもとゆい【文七元結】[作品名]
人情噺(ばなし)。三遊亭円朝作。侠気(おとこぎ)のある左官長兵衛が、自分の娘を売った金で文七という身投げ男を救う。それが縁で娘は身請けされ、文七と夫婦になり、文七元結を売り出す。歌舞伎にも脚色。ぶんしちもっとい。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

文七元結(ぶんしちもっとい)
古典落語の演目のひとつ。人情ばなし。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶんしちもっとい【文七元結】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぶんしちもとゆい【文七元結】
ぶんしちもっといとも
文七という紙で作った上等の元結。
人情噺ばなしの一。集金した金をなくして身投げしようとする文七に、娘の身売りの金を与えて救う左官の長兵衛の意気地を描く。のち、なくした金が出て、文七と長兵衛の娘は結ばれ、文七は文七元結を売り出して大いにはやるとの筋で、三遊亭円朝が練り上げた。歌舞伎にも脚色。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

文七元結
ぶんしちもっとい
落語。以前からあった噺(はなし)に三遊亭円朝(えんちょう)が手を入れて完成した人情噺。左官長兵衛は腕はよいが博打(ばくち)に凝り、家のなかは火の車であった。孝行娘のお久が吉原の佐野槌(さのづち)へ行き、身売りして親を救いたいという。佐野槌では感心して長兵衛を呼び、いろいろ意見をしてお久を担保に50両貸す。改心した長兵衛が帰りに吾妻(あづま)橋までくると、若い男が身投げしようとしているので事情を聞くと、この男はべっこう問屋の奉公人で文七といい、50両を集金の帰りになくしたという。長兵衛は同情して借りてきた50両を文七にやってしまう。長兵衛が家へ帰ると女房と大げんかになる。そこへ文七とべっこう問屋の主人がきて、金は得意先に忘れてあったと粗忽(そこつ)をわびて50両を返し、お久を身請けしたことを告げる。のち文七とお久は夫婦となり、麹町(こうじまち)貝坂で元結屋を開いたという。6代目三遊亭円生(えんしょう)、8代目林家正蔵(はやしやしょうぞう)(彦六(ひころく))が得意とした。1902年(明治35)に歌舞伎(かぶき)座で5世尾上(おのえ)菊五郎らによって初演されたのをはじめ、映画化などもされてよく知られた。[関山和夫]
『『三遊亭円朝全集 4』(1975・角川書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶんしち‐もっとい ‥もっとひ【文七元結】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶんしち‐もとゆい ‥もとゆひ【文七元結】
[1] 〘名〙 元結の上等なもの。文七①でつくる。ぶんしちもっとい。〔随筆・本朝世事談綺(1733)〕
[2] 人情話。三遊亭円朝作。明治二二年(一八八九)発表。侠気(おとこぎ)のある左官の長兵衛が娘を売った金で、身投げをしようとした男文七を救い、そのため女房とけんかになったが、様子が知れて文七は娘と祝言し、文七元結を売り出す話。歌舞伎にも「人情話文七元結」として脚色された。ぶんしちもっとい。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

文七元結
(通称)
ぶんしちもっとい
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
人情噺文七元結
初演
明治35.10(東京・歌舞伎座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文七元結
ぶんしちもっとい
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
勝歌女助
初演
明治24.2(大阪・中芝居)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文七元結」の用語解説はコトバンクが提供しています。

文七元結の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation