@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

文安【ブンアン】

デジタル大辞泉

ぶんあん【文安】
室町中期、後花園天皇の時の年号。1444年2月5日~1449年7月28日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぶんあん【文安】
年号(1444.2.5~1449.7.28)。嘉吉の後、宝徳の前。後花園天皇の代。ぶんなん。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶんなん【文安】
ぶんあん文安

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

ぶんあん【文安】
日本の元号(年号)。室町時代の1444年から1449年まで、後花園(ごはなぞの)天皇の代の元号。前元号は嘉吉(かきつ)。次元号は宝徳(ほうとく)。1444年(嘉吉4)2月5日改元。1444年は辛酉革命(しんゆうかくめい)の年にあたる1441年(嘉吉1)の4年後で甲子(かっし)の年。甲子は徳を備えた人に天命が下される革令(かくれい)の年で、変乱が多いとされることから、先例にならい甲子革令を防ぐ目的で改元が行われた(革年改元)。『晋書(しんじょ)』『尚書(しょうしょ)』を出典とする命名。文安年間の室町幕府の将軍は空位。1441年(嘉吉1)の嘉吉の乱で6代将軍足利義教(よしのり)が赤松満祐(みつすけ)に暗殺された後、長男の足利義勝(よしかつ)が7代将軍となった。義勝は1443年(嘉吉3)に死去、義教三男で義勝の同母弟足利義政(よしまさ)(8歳)が将軍に選出されたが、正式な将軍就任は元服を迎えた1449年(宝徳1)であった。◇「ぶんなん」とも読む

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶんなん【文安】
⇒文安(ぶんあん)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶんあん【文安】
室町時代、後花園天皇の代の年号。嘉吉四年(一四四四)二月五日に改元、文安六年(一四四九)七月二八日、次の宝徳となる。出典は「書経‐堯典」の「欽明文思安安」。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶんなん ブンアン【文安】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文安」の用語解説はコトバンクが提供しています。

文安の関連情報

関連キーワード

オスマン帝国多鳩神社下学集嘉吉二中歴ブラマンテボッティチェリ竹田城ウィッツ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation