@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

文庫【ぶんこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

文庫
ぶんこ
(1) 元来は和語の「ふみくら」で,現代流にいえば図書館である。代表的なのは足利文庫や金沢文庫,明治新聞雑誌文庫など。また,その文庫に所蔵される書物をも文庫と呼び,蔵書一般をもさすことがある。 (2) 近代的な出版業が興った明治期には,帝国文庫,日本文庫など,叢書全集の類の総タイトルとして用いたことがある。しかし 1903年冨山房が,芳賀矢一のアイデアでドイツのレクラム文庫をまねて,袖珍名著文庫を出版しはじめた頃から,小型で安い普及本を「文庫本」または「文庫」と呼ぶようになった。 11年に登場した立川文庫がその代表である。 27年岩波書店が,三木清の協力と創意で再びレクラムをとって,古典中心の岩波文庫を創刊してから,文庫の判型 (最初は菊半截判,現在は A6判) が定着し,28年の新潮文庫,29年の改造文庫,第2次世界大戦後の角川文庫など次々と創刊された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふみ‐ぐら【文庫】
《「ふみくら」とも》書物を納めておく蔵。書庫。文殿(ふどの)。ぶんこ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶん‐こ【文庫】
《「ふみぐら」を音読みにした語》
書物や古文書などを入れておく倉庫。ふみぐら。書庫。
収集されてまとまった蔵書。また、ある目的で集められたひとまとまりの蔵書。「学級文庫
書籍や紙筆など手回り品を入れておく小箱。文匣(ぶんこう)。手文庫。
叢書シリーズなどにつける名。「学習文庫
文庫本」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶんこ【文庫】[書名]
文芸雑誌。明治28年(1895)8月創刊、明治43年(1910)8月廃刊。山県悌三郎主宰の投書雑誌「少年文庫」を前身とし、河井酔茗伊良子清白横瀬夜雨ら文庫派とよばれる多くの詩人育成

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶんこ【文庫】
本来は書庫のであるが,転じてまとまった蔵書や図書館をさす。なお,出版界では叢書名に〈文庫〉という名を付することが,近代以来の習慣として行われている。
[日本における歴史]
 大宝律令には図書寮のほか文殿,校書殿などの名が見られ,寺社では経を収納する経蔵を有していた。上代の個人文庫の始まりは,奈良時代末期に石上宅嗣(いそのかみのやかつぐ)が邸内に設けた芸亭(うんてい)で,奈良県天理市に顕彰碑があるほか,遺構とみられるものが発見されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぶんこ【文庫】
明治時代の文芸雑誌。1895年8月~1910年8月,通巻244冊。1888年創刊の《少年園》から分かれた《少年文庫》が前身だが,小説,評論,詩,短歌俳句などの投稿誌,新人育成の場として勢力をもつようになり,特に詩人や歌人でこの雑誌を登竜門として,のちに一家をなした者の数はおびただしい。文庫派と別称される河井酔茗(すいめい),伊良子清白(いらこすずしろ),横瀬夜雨(よこせやう),有本芳水(ほうすい),塚原山百合(やまゆり)(のちの島木赤彦)らをはじめ,北原白秋,窪田空穂,三木露風,川路柳虹らの大家たちを輩出した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふみぐら【文庫】
ふみくらとも
書物などを収めておく倉。ぶんこ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶんこ【文庫】
ふみぐら(文庫)の音読み
[0][1] 書物を収めておく倉庫。書庫。
[0][1] 本や帳簿、手回りの品などを入れておく手箱。
[0] 同一出版社から続いて刊行される、同一の型・装丁の叢書。特に、廉価で普及を目的とした小型本。文庫本。 レクラム-
[0][1] 作者・学校・地域など、ある枠の中でまとめた蔵書。 学級- 豊町-
「文庫結び」の略。
書名(別項参照)。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶんこ【文庫】
文芸誌。1895(明治28)~1910年、通巻二四四冊。「少年文庫」の後身。山県悌三郎主幹。小説・新体詩・俳句・評論などの投稿誌。河井酔茗・横瀬夜雨・伊良子清白らの抒情詩人を輩出。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

文庫
(1)和語の「ふみくら」に漢字をあてた語.本来は,文献,文書,記録類を保存した書庫.転じて,まとまった蔵書や図書館を指す.北条家の金沢文庫,徳川家の紅葉山文庫,加賀前田家の尊閣文庫,近代では,静嘉堂文庫,東洋文庫などが著名.(2)出版形態を指す語として,叢書や全集の類の総称として明治期に用いられた(例:帝国文庫,日本文庫).現在では,小型で携帯に便利な廉価な普及本の総称として用いられている(例:岩波文庫).(3)巡回文庫,自動車文庫,学級文庫など図書館活動の形態やそのコレクションを指したり,あるいは,家庭文庫,地域文庫およびその総称としての子ども文庫を指すこともある.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶん‐こ【文庫】
[1] 〘名〙 (「文庫(ふみぐら)」の音読み)
① 書籍・古文書を入れておくくら。書庫。ふみぐら。
※兵範記‐仁平三年(1153)四月一五日「京方有火、〈略〉樋口町尻江家文庫、不開闔、万巻都書、片時為灰了」
② 鎌倉幕府で、裁判の終了した訴陳状や証拠文書などを保管した所。ふどの。
※沙汰未練書(14C初)「文庫とは引付評定事切文書等置所也」
③ 書冊・雑品などを入れておく手箱。文庫箱。
※仮名草子・都風俗鑑(1681)四「それよりへあがりて、ぶんこを請とりなんどし」
④ 江戸深川の遊里で、遊女が着替えなどを入れた箱。仕掛文庫。
※洒落本・仕懸文庫(1791)二「しかけぶんこといふは子どものきがへを入てもたせて来るぶんこ也」
⑤ あるまとまった蔵書。「明治新聞雑誌文庫」「漱石文庫」
⑥ 同じ種類などでまとめられた出版物に付ける名。叢書。「花嫁文庫」
⑦ 廉価普及を目的とした小型本。同一の書店から継続して同一の型・装丁で発行される。
※読書子に寄す(1927)〈岩波茂雄〉「この文庫は予約出版の方法を排したる」
⑧ 女子の帯の結び方の一つ。一般には文庫結びをいうが、上方ではだらりの帯の垂れの短いものをいう。
※落語・高野違ひ(1895)〈四代目橘家円喬〉「お文庫に帯を締めて居たから」
[2] 文芸雑誌。明治二八年(一八九五)九月から同四三年八月まで刊行。投書雑誌「少年文庫」を前身とし、文学青年に発表の場を提供。特に詩欄は河井酔茗が指導し、伊良子清白・横瀬夜雨らが拠って文庫派を形成。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文庫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

文庫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation