@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

文弥節【ぶんやぶし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

文弥節
ぶんやぶし
古浄瑠璃の一流派延宝~元禄年間 (1673~1704) 大坂で栄えた。1世岡本文弥創始泣き節特色とする。民俗芸能に残る文弥節は,角太夫節を加味した2世岡本文弥の流風。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぶんや‐ぶし【文弥節】
古浄瑠璃の流派の一。延宝(1673~1681)のころ、大坂の岡本文弥が創始。哀調を帯びた旋律が特徴で、泣き節といわれて人気を博したが、宝永年間(1704~1711)には衰滅
民俗芸能として1が残存したもの。新潟県佐渡市、宮崎県都城市山之口町、石川県白山市尾口地区などで、人形芝居と結びついて行われている。
義太夫節豊後(ぶんご)節などで、1の手法を取り入れた曲節。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶんやぶし【文弥節】
浄瑠璃の曲節および流派名。初世岡本文弥(1633‐94)が語り出した古浄瑠璃の曲節で,延宝~元禄期(1673‐1704)に京坂で流行した。初世岡本文弥は大坂道頓堀の伊藤出羽掾座で語り出して人気を集め,2世(生没年不詳)がそのあとを受け継いだらしいが,盛期は長くなかった。文弥節は高音の旋律型を特色としたらしく,井上播磨掾も用いた〈なきぶし〉を発展させて哀愁味を強くあらわし,俗に〈文弥の泣き節〉といわれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

文弥節
ぶんやぶし

岡本文弥が創始した浄瑠璃(じょうるり)の一派。岡本文弥(?―1694)は山本角太夫(かくたゆう)の門下と伝えられる。大坂道頓堀の伊藤出羽掾(でわのじょう)座で、おもに角太夫や井上播磨掾(はりまのじょう)の語物(かたりもの)を演奏、1670年代(延宝年間)以降その曲風が流行した。哀調のある曲節に特徴があったようで、「文弥の泣き節」とよばれた。義太夫節にも多数の旋律型が取り入れられたが、現行の曲節から文弥節の特色を抽出することはむずかしい。1702年(元禄15)ごろに2世文弥が現れたものの、義太夫節に押されて、ほどなく廃れた。近年まで石川県や鹿児島県でも文弥人形の音楽として演奏されたが、現在は佐渡の郷土芸能として伝承されている。

[倉田喜弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文弥節」の用語解説はコトバンクが提供しています。

文弥節の関連情報

関連キーワード

鑑定留置桓帝争点証拠整理手続桓帝デメトリオス1世[バクトリア]トリブツム時効副市町村長民事執行法民主主義指数

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation