@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

文徳天皇【もんとくてんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

文徳天皇
もんとくてんのう
[生]天長4(827).京都
[没]天安2(858).8.27. 京都
第 55代の天皇 (在位 850~858) 。仁明天皇の第1皇子。母は太政大臣藤原冬嗣の娘順子。名,道康。嘉祥3 (850) 年即位したが,政治は太政大臣藤原良房によって行われた。その治世中は藤原氏勢力が大いに張した。陵墓は京都市右京区太秦三尾町の田邑陵。なお天皇一代の実録を『日本文徳天皇実録』という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

もんとく‐てんのう〔‐テンワウ〕【文徳天皇】
[827~858]第55代天皇。在位850~858。仁明天皇の第1皇子。名は道康。在位中の政治藤原良房が行った。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

文徳天皇 もんとくてんのう
827-858 平安時代前期,第55代天皇。在位850-858。
天長4年8月生まれ。仁明(にんみょう)天皇の第1皇子。母は藤原順子承和(じょうわ)の変(842)後,恒貞(つねさだ)親王にかわって皇太子となり,嘉祥(かしょう)3年父帝の死で即位。政治の実権は,皇后明子の父藤原良房(よしふさ)ににぎられた。天安2年8月27日死去。32歳。墓所は田邑陵(たむらのみささぎ)(京都市右京区)。別名道康親王,田邑(田村)帝。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

もんとくてんのう【文徳天皇】
827‐858(天長4‐天安2)
第55代に数えられる平安前期の天皇。在位850‐858年。名は道康。仁明天皇を父とし,藤原冬嗣の女順子を母として生まれた。842年(承和9),嵯峨上皇の死を機として起こった承和の変によって皇太子恒貞親王が廃されたため,皇太子に立てられ,850年(嘉祥3)父仁明天皇の病死により位を譲られ即位した。しかし,藤原良房の強大な政治力によって,ほとんど天皇親政を行うことができず,その皇太子も,長子惟喬(これたか)親王の才能を愛したにもかかわらず,良房女明子の生んだ惟仁(これひと)親王(のち清和天皇)を立てざるをえなかった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

もんとくてんのう【文徳天皇】
827~858 第五五代天皇(在位850~858)。名は道康みちやす。仁明天皇の第一皇子。母は藤原冬嗣の女むすめ順子。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

文徳天皇
もんとくてんのう
(827―858)
第55代天皇(在位850~858)。仁明(にんみょう)天皇の第一皇子。母は藤原冬嗣(ふゆつぐ)の娘順子(じゅんし)。諱(いみな)は道康(みちやす)。承和(じょうわ)の変(842)で皇太子恒貞(つねさだ)親王が廃されたので、かわって皇太子となり、即位後は次の皇太子に紀名虎(きのなとら)の娘静子の産んだ第一皇子の惟喬(これたか)親王をたてようとしたが、藤原氏の反対にあい、惟仁(これひと)親王(後の清和(せいわ)天皇)をたてた。天皇は巡幸遊覧を好まず政治に励み、また『続(しょく)日本後紀』の編纂(へんさん)を開始したが、病弱で万機を廃することが多く、政治の実権は藤原良房(よしふさ)にゆだね32歳で崩御。陵墓は京都市右京区太秦(うずまさ)の田邑(たむら)陵。天皇一代の歴史を編年体で記した『日本文徳天皇実録』10巻(879完成)がある。[福井俊彦]
『藤木邦彦著『日本全史3 古代』(1959・東京大学出版会) ▽佐伯有清著『伴善男』(1970・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

もんとく‐てんのう ‥テンワウ【文徳天皇】
(「もんどくてんのう」とも) 第五五代天皇。名は道康(みちやす)。仁明天皇の第一皇子。母は藤原冬嗣の女順子。承和九年(八四二)立太子、嘉祥三年(八五〇)即位した。在位中の政はもっぱら藤原良房によって行なわれ、在位九年にして三二歳で崩御した。御陵は京都市の田邑山陵。天長四~天安二年(八二七‐八五八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

文徳天皇
もんとくてんのう
827〜858
平安前期の天皇(在位850〜858)
仁明 (にんみよう) 天皇第1皇子。は道康。母は藤原冬嗣の娘順子。842年承和の変により恒貞親王に代わって立太子。藤原良房の娘明子が生んだ皇子(清和天皇)を皇太子とした。その治世中,良房が外戚として勢力をふるい,良房は857年太政大臣,翌年清和天皇が即位すると,摂政 (せつしよう) となって摂関政治端緒を開いた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文徳天皇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

文徳天皇の関連情報

関連キーワード

ウァレンチヌスエウゲニウス2世グレゴリウス4世アンスガー京都(市)素質迢迢サイバー犯罪ワシントンハイツ町立女川中学校

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation