@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

文徴明

美術人名辞典

文徴明
明代の文人書画家。江蘇省蘇宗州生。初名は璧、は徴仲、衡山・停雲生などとする。詩文を呉寛に、書を李応禎に、画を沈周に学び、「詩書画三絶」と称された。祝允明唐寅徐禎卿らと親交を結び「呉中四才子」と呼ばれ、南宗画中興のとされた。嘉靖38年(1559)歿、90才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

ぶん‐ちょうめい【文徴明】
[1470~1559]中国、の文人。蘇州(江蘇省)の人。名は璧(へき)。徴明は字(あざな)。のちに徴仲を字とした。号、衡山など。沈周(しんしゅう)に学び、呉派の文人画風を発展させた。「甫田(ほでん)集」。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶんちょうめい【文徴明 Wén Zhēng míng】
1470‐1559
中国,明代の文人,書画家。蘇州府長洲県(,江蘇省呉県)の人。初め名は璧,字は徴明であったが,のちに広く字で知られたため,さらに字を徴仲と改めた。号は衡山,停雲生など。父の文林は成化8年(1472)の進士で温州知府に終わった。文徴明は詩文を呉寛に,書を李応禎に,画を沈周(しんしゆう)に学んで三絶と称賛され,祝允明,唐寅,徐禎卿とともに呉中四才子といわれたが,科挙には10回応じてついに合格しなかった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

文徴明
ぶんちょうめい
Wen Zheng-ming
[生]成化6(1470).11.6.
[没]嘉靖38(1559).2.20.
中国,明の文人画家,書家,詩人。長洲 (江蘇省蘇州) の人。名は璧,字は徴明,徴仲,号は衡山など。 10回にわたり科挙試験を受けたものの失敗,嘉靖2 (1523) 年,翰林院待詔の任につき『武宗実録』の編修に従事したがわずか3年で辞職,郷里に隠棲して書画を楽しみ悠々自適の生活をおくった。絵は沈周 (しんしゅう) に学び,呉鎮,趙孟 頫 (ちょうもうふ) の影響を受けながらも,その作品の大部分は淡中墨と擦筆描が用いられ,淡い色彩と平明な自然描写を特色とする。明代を代表する南宗画第一人者となり,大人の風格をもつその人柄によって辺には多くの友人,弟子が集り,呉派文人画の全盛期をもたらした。書は李応禎に学び篆 (てん) ,,行,草の5体を書き,特に楷書を得意とした。日本に将来され江戸時代の唐様書道に大きな影響を及ぼした。詩は祝允明 (しゅくいんめい) らとともに呉中の四才子と称された。著書に『甫田集』 (35巻) がある。代表作『春深高樹図』 (上海博物館) ,『絶壑高間図』 (台北,故宮博物院) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

文徴明
ぶんちょうめい
(1470―1559)

中国、明(みん)代中期の文人、書画家。初名は璧(へき)、徴明は字(あざな)。のち字をもって行われ、さらに徴仲(ちょうちゅう)と字を改めた。号は衡山(こうざん)。長洲(江蘇(こうそ)省蘇州)の人。科挙の試験に数度失敗したが、1523年(嘉靖2)翰林待詔(かんりんたいしょう)を授かる。ほどなく致仕して帰郷、詩書画の世界に没入した。彼の人徳とその才を慕って多くの文人が集まり、詩書画に華を咲かせることとなった。祝允明(しゅくいんめい)、徐禎卿(じょていけい)、唐寅(とういん)、王寵(おうちょう)らがその仲間となる。これは蘇州文人サークルの形成といってよく、これをもとに明代呉派の南宗画風が発展していった。書は李応禎(りおうてい)に学ぶも、王羲之(おうぎし)、黄庭堅(こうていけん)、趙孟頫(ちょうもうふ)の長所をよくとり、評判高かった。彼に唐寅、祝允明、徐禎卿をあわせて「呉中四才子」とよぶ。詩文を呉寛(ごかん)に学ぶ。画(え)は沈周(しんしゅう)の影響を受けたがさらに独自に発展させ、淡彩・淡墨による細やかで秀麗な画風をつくりあげた。子の文彭(ぶんぽう)(1498―1573)、文嘉(ぶんか)(1499―1582)も書画をよくした。画の代表作に『春深高樹図』(上海(シャンハイ)博物館)がある。

[近藤秀実]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶん‐ちょうめい【文徴明】
中国明の文人・書画家。号は衡山。沈(しん)周をついで呉派の南宗画風を確立し、唐寅(とういん)・祝允明(しゅくいんめい)と並称される。著「甫田集」。(一四七〇‐一五五九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文徴明」の用語解説はコトバンクが提供しています。

文徴明の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation