@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

文楽座【ぶんらくざ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

文楽座
ぶんらくざ
人形浄瑠璃劇場,およびその劇場を本拠とした人形浄瑠璃劇団の名。寛政年間 (1789~1801) ,1世植村文楽軒大坂高津橋西にを設けたのが始り。文化8 (11) 年2世のとき,大坂博労町難波神社の境内に,非官許ながら常打ちの劇場「いなりの芝居」を設立。その後幾度か移転したが,文楽の芝居は以後人形浄瑠璃界の中心的存在となった。しかし天保の改革で寺社内での興行が禁止され,危機を迎える。明治5 (72) 年大阪西区松島に3世文楽軒により「文楽座」が設立され,政府公認の劇場として再出発。一時隆盛をみたが,1884年船場御霊神社内に移転,1909年5世のとき,経営が植村家から松竹合名会社に移った。 26年御霊「文楽座」焼失ののち,30年四ッ橋「文楽座」が開場,56年道頓堀へ移転。一時「 (ちなみ) 会」「三和 (みつわ) 会」に分裂したが,63年合同して財団法人文楽協会として発足。その後,道頓堀「文楽座」は朝日座改称され,「文楽座」という劇場名は現存しない。劇団名として文楽協会を文楽座と称することもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぶんらく‐ざ【文楽座】
人形浄瑠璃の劇場および劇団。寛政年間(1789~1801)、淡路植村文楽軒が大坂高津橋南詰に開いた浄瑠璃小屋が母体。明治5年(1872)松島に移転して文楽座と称した。のち、御霊神社境内、四ツ橋、道頓堀と移転、その間に経営権も松竹に移った。昭和38年(1963)文楽協会発足を機に朝日座と改称。昭和59年(1984)、国立文楽劇場が開設され廃座。現在、文楽座は劇団名として残る。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶんらくざ【文楽座】
人形浄瑠璃の劇場名。淡路から大坂へ出た植村文楽軒は,寛政期(1789‐1801)に人形浄瑠璃を始めたという。そして1811年(文化8)のころには,〈文楽の芝居〉と呼ばれていた。しかし座名としての〈文楽座〉は,博労町から松島へ移転した72年(明治5)に始まる。この松島文楽座は,彦六座との対抗上,84年に御霊神社の境内へ引っ越して文楽座の全盛期を招来するが,座主の失敗から1909年に経営権は松竹へ譲渡された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぶんらくざ【文楽座】
人形浄瑠璃専門の劇場。植村文楽軒が寛政年間(1789~1801)に大坂高津橋に席を設けたのに始まり、1872年(明治5)松島に移って「文楽座」と称した。1909年松竹に委譲されたが、63年(昭和38)に文楽協会が設立され「朝日座」と改称。84年、国立文楽劇場開設とともに廃座。現在、「文楽座」は劇団の通称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

文楽座
ぶんらくざ

人形浄瑠璃(じょうるり)の劇場名および劇団名。淡路出身の植村(うえむら)文楽軒が寛政(かんせい)年間(1789~1801)に大坂高津橋(こうづばし)そばに浄瑠璃の小屋を設けたのが始めで、のち4世文楽翁が1872年(明治5)に大阪松島に移り「官許人形浄瑠璃文楽座」の看板を掲げた。文楽座の座名はここに始まる。84年2世豊沢(とよさわ)団平らの彦六(ひころく)座が大阪博労町稲荷(ばくろうちょういなり)境内(けいだい)に開場したため、対抗上御霊(ごりょう)神社境内に移転、以後、御霊文楽とよばれた。以来文楽座の全盛時代を迎えたが、座主の失敗のため1909年(明治42)に経営は松竹合名会社に譲渡された。松竹は新しい興行形式で出発したが、26年(大正15)に御霊文楽座が焼失。30年(昭和5)に四ツ橋の旧近松座を改装して開場し大いに栄えたが、45年に第二次世界大戦中の空襲でふたたび焼失した。翌年2月いち早く復興したが、戦後の混乱で劇団としての文楽座は因(ちなみ)会と三和(みつわ)会の二派に分裂し、15年にわたり苦難の時期を過ごした。その間56年、道頓堀(どうとんぼり)に文楽座が新築移転して因会の本拠となったが、劇団の経営が振るわなくなったため、ついに63年その運営は松竹から財団法人文楽協会に引き継がれ、両派は合同、文楽座は朝日座と改称した。以来文楽座は劇団名としてのみ存続していたが、84年4月、大阪日本橋(にっぽんばし)に国立文楽劇場が開場し、文楽の専用劇場としての役割を果たすことになった。

[山本二郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶんらく‐ざ【文楽座】
人形浄瑠璃の劇場。寛政年間(一七八九‐一八〇一)淡路の人、植村文楽軒が大坂道頓堀ではじめた操人形一座にはじまる。初め高津橋南詰西浜側に創始し、のち、大坂地内を転々として、明治五年(一八七二)大阪松島新地に移り文楽座を名のった。同一七年平野町の御霊神社境内に移転、昭和五年(一九三〇)佐野屋橋畔の近松座に改装移転し、さらに同三一年、道頓堀の弁天座跡に新築移転したが、同三八年、文楽協会の設立とともに朝日座と改称された。同五九年、国立文楽劇場の開設とともに廃座。現在、劇団の通称名として残る。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文楽座」の用語解説はコトバンクが提供しています。

文楽座の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation