@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

文様【もんよう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

文様
もんよう
pattern
模様。工芸品や建築物の表面色彩,線,面,形象などで装飾した図様の単位幾何学文・植物文とに大別される。また構成方法によって,単独文と連続文および地文に分けられる。単独文には単一の図文から成るものと,各要素を複合して単一の図文に構成したものとがある。連続文には有機的連続文と並列文,分散文などがある。地文は単独文が左右上下に展開して一定の面をおおうもので市松文雷文などがこれにあたる。時代,地域,民族によって,特有の図形の構成がみられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

もん‐よう〔‐ヤウ〕【文様/紋様】
調度・器物衣服などの表面に装飾された図形。同じ図柄の反復繰り返しによって構成されるものをいうことが多い。模様

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

もんよう【文様】
物の表面を飾るためにつけられた図様を文様という。文様は紋様あるいは模様(もよう)とも書かれる。普通には,装飾史において,様式化したモティーフの単位を,その構成原理にもとづく学問的な対象としてみる場合に〈文様〉の術語を使う。これに対し,やや紋章的な感じをふくむ図文を〈紋様〉と呼び,染織などを主とする工芸品に〈型〉としてくりかえされるような意匠の場合は,一般に〈模様〉と呼ばれる。歴史的には〈光琳模様〉のように,模様という言葉は,日本では江戸時代以後に流行するようになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

文様
もんよう

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文様」の用語解説はコトバンクが提供しています。

文様の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation