@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

文永の役【ブンエイノエキ】

デジタル大辞泉

ぶんえい‐の‐えき【文永の役】
文永11年(1274)中国元(げん)大軍来攻したときの戦い軍は対馬(つしま)壱岐(いき)、次いで博多付近に上陸したが、暴風雨によって引き上げた。元寇(げんこう)。→弘安(こうあん)の役(えき)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶんえい【文永】 の 役(えき)
鎌倉時代、文永一一年(一二七四)、来攻した蒙古(元)との一度目の戦い。高麗を服属させた蒙古は文永三年以来六回にわたって日本の服属を求めたが、執権北条時宗を中心とする鎌倉幕府はこれを拒んだ。文永一一年一〇月、蒙古・高麗の連合軍(二万八千の軍兵と九〇〇艘の船艦)は対馬に上陸、さらに二〇日、博多湾に上陸して合戦し、いったん船に引きあげ、翌二一日姿を消した。直接の原因は前夜の大風雨によるといわれる。弘安四年(一二八一)の来攻と合わせて、元寇または蒙古襲来ともいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

文永の役
ぶんえいのえき
1274(文永11)年10月におこった元の日本来襲事件。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

文永の役
ぶんえいのえき

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文永の役」の用語解説はコトバンクが提供しています。

文永の役の関連情報

関連キーワード

宗助国宗助国宗助国エドワード(1世)元寇元寇プロスタッフ亀山天皇勘仲記久遠寺

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation