@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

文治主義【ぶんちしゅぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

文治主義
ぶんちしゅぎ
Wen-zhi zhu-yi
儒家の主張する礼楽思想に基づく政治から清にいたる中国および江戸時代の日本の政治史において特に重んじられた統治方法で,武断主義あるいは法治主義に対する語。中国における文治主義は,実際には,科挙制度によって選抜された文人官僚による官僚的支配を意味しているにすぎず,現実には法治主義と並行しつつ,それを粉飾するような形でしか存在しえなかった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

文治主義
ぶんちしゅぎ
中国の為政者を抑え,文を重んじて国を統治する方針
唐末期〜五代の武人の割拠主義の弊害を除き,中央集権体制を整備するため,武官が占めていた官職をしだいに文官に入れかえて学問・文化を奨励武備の弱化によって,後年異民族の圧迫に悩まされるようになった。の太祖趙匡胤 (ちようきよういん) の文治主義が有名。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文治主義」の用語解説はコトバンクが提供しています。

文治主義の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation