@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

文治【ブンジ】

デジタル大辞泉

ぶんじ【文治】[年号]
鎌倉時後鳥羽天皇の時の年号。1185年8月14日~1190年4月11日。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶん‐ち【文治】
《「ぶんじ」とも》武力によらず、教化法令などによってを治めること。⇔武断

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶん‐じ〔‐ヂ〕【文治】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぶんじ【文治】
ぶんち文治

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶんじ【文治】
年号(1185.8.14~1190.4.11)。元暦の後、建久の前。後鳥羽天皇の代。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶんち【文治】
ぶんじとも
武力を用いないで、教化または法によって世を治めること。文政。 ⇔ 武断 -派

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典

ぶんじ【文治】
日本の元号(年号)。平安時代、1185年から1190年まで、後鳥羽(ごとば)天皇の代の元号。前元号は元暦(げんりゃく)。次元号は建久(けんきゅう)。1185年(元暦2)8月14日改元。同年7月の京都大地震の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『礼記(らいき)』を出典とする命名。1185年(文治1)3月の壇ノ浦の戦いで平家が滅亡した後、源頼朝(よりとも)と弟の源義経(よしつね)の対立が深まった。後白河(ごしらかわ)法皇は同年10月、義経に頼朝追討の、11月には頼朝に義経追捕の相反する院宣を下す。義経は京を脱出し、頼朝は義経追討を名目として諸国に守護・地頭を置くことを法皇に認めさせた。1187年(文治3)、義経は奥州平泉の藤原秀衡(ひでひら)のもとに逃れたが、1189年(文治5)に秀衡の子藤原泰衡(やすひら)に襲撃され自害する。しかし、頼朝は藤原氏を許さず大軍を率いて出兵、同年9月に奥州藤原氏は滅亡し、頼朝は陸奥出羽を勢力下に収めた。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶん‐じ ‥ヂ【文治】
[1] 〘名〙 ⇒ぶんち(文治)
[2] 鎌倉時代、後鳥羽天皇の代の年号。元暦二年(一一八五)八月一四日に改元、文治六年(一一九〇)四月一一日に次の建久となる。出典は「礼記‐祭法」の「湯以寛治民〈略〉文王以文治民」。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶん‐ち【文治】
〘名〙 (「ぶんぢ」とも) 教化または法令によって世を治めること。文道で国を治めること。文政。〔礼記‐祭法〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文治」の用語解説はコトバンクが提供しています。

文治の関連情報

関連キーワード

イサキウス2世奄美(市)安徳天皇安徳天皇イーゴリ軍記安徳天皇佐藤継信平清宗平忠房

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation