@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

文法学派【ぶんぽうがくは】

世界大百科事典 第2版

ぶんぽうがくは【文法学派】
サンスクリットの文法学と言語哲学を事としたインドの有力な一学派。サンスクリットでバイヤーカラナVaiyākaraṇaと呼ばれる。インドでは古くからベーダ聖典の解釈学の一部門として文法学が重視され,六つのベーダ補助学(ベーダーンガ)の一つとして確立された。ベーダ聖典研究としての語源学の先駆者としては前500年ころにヤースカが現れて《ニルクタ》を著した。現存する最古の文法学書は前5~前4世紀に活躍したパーニニの《アシュターディヤーイー》(別名《パーニニ・スートラ》)である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

文法学派
ぶんぽうがくは

インド哲学学派。古代インドにおいては、ベーダ聖典研究の六補助学科の一つとして文法学(ビヤーカラナvyākaraa)が成立し、早くから専門の学者が輩出した。パーニニ(前5~前4世紀)は文典『アシュターディヤーイー』を著して、文法学を独立の科学として確立した。その後、カーティヤーヤナ(前250ころ)およびパタンジャリ(前2世紀?)によって詳細に補修訂正され、微細な点まで規定されて、文法学はいちおう完成された。しかし彼の没後、文法学の伝統は著しく衰微したが、5世紀になって、バルトリハリ(5世紀後半)はそれを復興したにとどまらず、一つの哲学学派にまで発展させた。

[前田専學]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文法学派」の用語解説はコトバンクが提供しています。

文法学派の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation