@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

文章博士【もんじょうはかせ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

文章博士
もんじょうはかせ
文章道を担当した大学寮教官。神亀5 (728) 年令外官として設置定員1人。奈良時代末に淡海三船が大学頭兼文章博士に任じられて以来,急速に権威が高まり,弘仁 11 (820) 年には従来の正七位相当から従五位下相当の官となった。承和1 (834) 年紀伝博士廃止により,文章博士の定員は2人となった。この頃から天皇皇太子侍講 (じこう) をも兼ねた。9世紀末から菅原,大江両氏の独占となり,貴族社会の衰微とともに形式化した官職となった。唐名を翰林学士という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

もんじょう‐はかせ〔モンジヤウ‐〕【文章博士】
大学寮に属して詩文歴史とを教授した教官。神亀5年(728)設置。平安時代には多く東宮学士大外記(だいげき)を兼ね、侍講としても仕えた。もんぞうはかせ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

もんじょうはかせ【文章博士】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

もんじょうはかせ【文章博士】
律令制の大学の学科の一つである文章科(紀伝道)の教官の長。728年、定員一名で初めて設置。834年、紀伝博士を統合し、定員二名となった。のち、学科として紀伝道の名称が確立すると、紀伝博士とも称せられた。もんぞうはかせ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もんぞうはかせ【文章博士】
もんじょうはかせ文章博士

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

文章博士
もんじょうはかせ
奈良・平安時代の大学寮紀伝道(文章道)の教官。唐名翰林(かんりん)学士。728年(神亀5)に初めて1人が置かれ、730年(天平2)正(しょう)七位下(げ)と定められた。奈良時代の文章博士には紀清人(きのきよひと)や淡海三船(おうみのみふね)などが就任していたが、平安時代に入り紀伝道が盛んになると、嵯峨(さが)天皇の821年(弘仁12)には位階相当が従(じゅ)五位下となり、教官中の最高位となった。834年(承和1)には紀伝博士(808年初置)が廃され文章博士の定員が2名となり東宮(とうぐう)学士、大外記(だいげき)を兼ねるようにもなり、そのころから菅原(すがわら)、大江の両氏がその地位を世襲するようになった。『史記』『漢書(かんじょ)』『後(ご)漢書』などの三史をはじめ、『文選(もんぜん)』などの中国の詩文を教科とした。「教授」と受験・任官の推薦がおもな職掌であったが、かような職務のほかに文章をつくることが重要な仕事であり、文筆活動としての願文(がんもん)、上表、詩序の制作などに携わっている。平安中期以後しだいに衰退し、中世以後、室町時代には菅原氏系の高辻(たかつじ)以下の諸家が紀伝道の家として、この職を継いでいった。[山中 裕]
『桃裕行著『上代学制の研究』(1947・目黒書店/復刻・1983・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

もんじょう‐はかせ モンジャウ‥【文章博士】
〘名〙 令制で、大学寮に属して詩文と歴史とを教授した教官。天平二年(七三〇)設置。平安時代には多く東宮学士、大外記を兼ね、侍講としても仕えた。定員は初め一名、紀伝博士が廃されてからは二名。初め正七位下相当、のち従五位下相当の官に改められた。もんぞうはかせ。
※続日本紀‐天平一三年(741)七月辛亥「従五位上紀朝臣浄人為治部大輔兼文章博士

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もんぞう‐はかせ モンザウ‥【文章博士】
※源氏(1001‐14頃)夕顔「御文の師にてむつまじくおぼすもんさうはかせ召して」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文章博士」の用語解説はコトバンクが提供しています。

文章博士の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation