@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

文耕堂【ぶんこうどう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

文耕堂
ぶんこうどう
江戸時代中期の浄瑠璃作者。本名松田和吉。処女作は『河内国姥火 (うばがひ) 』 (本名単独で署名。 1713?) といわれる。『仏御前扇軍 (ほとけごぜんおうぎいくさ) 』 (15) や『大塔宮曦鎧 (おおとうのみやあさひのよろい) 』 (23,竹田出雲合作) では近松門左衛門添削を受けていることから,竹本座近松に師事したと考えられる。以後享保 15 (30) 年まで作品がなく,それ以後は寛保1 (41) 年までほぼ毎年発表し,紀海音,竹田出雲,並木宗輔とともに作者四天王と称せられた。二十数編のうちのほとんどが合作によるもので,時代物が多い。代表作『鬼一法眼三略巻 (きいちほうげんさんりゃくのまき) 』 (31) ,『壇浦兜軍記』 (32) ,『御所桜堀川夜討』 (37) ,『ひらかな盛衰記』 (39) ,『新うすゆき物語』 (41) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

文耕堂 ぶんこうどう
?-? 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)作者,歌舞伎作者。
大坂竹本座の作者で,近松門左衛門に師事したといわれる。一時期京都で歌舞伎作品に手をそめたが,享保(きょうほう)15年(1730)竹本座にもどり,軍記物を中心に二十四,五本の作品をかいた。本名は松田和吉。作品に「応神天皇八白旗(やつのしらはた)」「壇浦兜軍記」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ぶんこうどう【文耕堂】
浄瑠璃・歌舞伎作者。生没年不詳。本名松田和吉。享保(1716‐36)ごろの大坂竹本座の作者で,初めは本名の松田和吉で書いたが,1730年2月の《三浦大助紅梅靮(みうらのおおすけこうばいたづな)》(竹本座)からは文耕堂の署名となる。作品は1722年9月の《仏御前扇車(ほとけごぜんおうぎぐるま)》が古く,これは翌年の《大塔宮曦鎧(おおとうのみやあさひのよろい)》とともに,添削者に近松門左衛門の名前があることから,近松に師事していたといわれている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぶんこうどう【文耕堂】
江戸中期の浄瑠璃作者。大坂の人。近松門左衛門に師事。竹本座に属す。「御所桜堀川夜討」「ひらかな盛衰記」など合作が多い。生没年未詳。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

文耕堂
ぶんこうどう
生没年未詳。江戸中期の浄瑠璃(じょうるり)作者。大坂・竹本座の作者で、初期は松田和吉(わきち)の名で、1730年(享保15)以後は文耕堂を用いた。近松門左衛門の弟子といわれる。浄瑠璃の作品は25編あり、単独作が6編、合作に『鬼一法眼三略巻(きいちほうげんさんりゃくのまき)』『壇浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき)』『敵討襤褸錦(かたきうちつづれのにしき)』『御所桜堀川夜討(ごしょざくらほりかわようち)』『ひらかな盛衰記』などがある。作風は堅実で内面的で上品な作が多い。当時世間では紀海音(きのかいおん)、竹田出雲(いずも)、並木千柳(せんりゅう)とともに浄瑠璃作者の四天王と称した。[山本二郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶんこうどう ブンカウダウ【文耕堂】
江戸中期の浄瑠璃作者。大坂の人。はじめ松田和吉の本名で、享保一五年(一七三〇)以後は文耕堂と名乗り、大坂竹本座の浄瑠璃を執筆。途中、歌舞伎の作品もある。「鬼一法眼三略巻(きいちほうげんさんりゃくのまき)」「壇浦兜軍記」「御所桜堀川夜討」など合作が多い。生没年未詳。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぶんこうどう〔ブンカウダウ〕【文耕堂】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文耕堂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

文耕堂の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation