@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

文芸倶楽部【ぶんげいくらぶ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

文芸倶楽部
ぶんげいくらぶ
文芸雑誌。 1895年1月~1933年1月。臨時増刊を含め約 700冊を発行。博文館が種々の雑誌を統合して創刊したもので,明治中期の最も権威ある文芸誌と目され,樋口一葉の『にごりえ』,泉鏡花の『外科室』,広津柳浪の『今戸心中』,国木田独歩の『窮死』,岡本綺堂の『修禅寺物語』など文学史を飾る傑作,問題作を掲載した。しかし,明治 40年代の新しい文学動向の台頭に対応することができず,次第に通俗娯楽雑誌に変質していった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぶんげいクラブ【文芸倶楽部】
文芸雑誌。明治28年(1895)1月創刊、昭和8年(1933)1月廃刊。初期は泉鏡花樋口一葉広津柳浪小栗風葉国木田独歩らの作品を発表したが、しだいに通俗化した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

文芸倶楽部
ぶんげいくらぶ
文芸雑誌。1895年(明治28)1月~1933年(昭和8)1月。457冊(増刊を除く)。博文館発行。編集人は石橋思案(しあん)、三宅青軒(みやけせいけん)、田村松魚(しょうぎょ)ら。博文館が1895年、その当時出していた文芸雑誌を統合する形で出したもので、春陽堂の『新小説』と並び純文学の立場にたった有力文芸誌であった。それだけに執筆者も大家、新進と多彩であり、広津柳浪(ひろつりゅうろう)の『今戸心中』(1896)、樋口一葉(ひぐちいちよう)の『たけくらべ』(1895)、国木田独歩(どっぽ)の『源叔父(げんおじ)』(1897)など問題作、名作を多数掲載し、明治文学のために大いに貢献した。しかし明治末ごろからしだいに通俗化し、大衆娯楽雑誌となって終わった。[畑 実]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶんげいクラブ【文芸倶楽部】
文芸雑誌。明治二八年(一八九五)一月から昭和八年(一九三三)一月まで刊行。当初は川上眉山、泉鏡花、広津柳浪、樋口一葉、小栗風葉、国木田独歩、岡本綺堂ら多くの有力作家の作品を発表し、文壇に貢献したが、次第に大衆的となり娯楽雑誌となった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文芸倶楽部」の用語解説はコトバンクが提供しています。

文芸倶楽部の関連情報

関連キーワード

検察官(司法)日清戦争史(年表)ペルチナクスペルティナクス山田哲人国際連合コンモドゥスペルティナクスセウェルスディディウス・ユリアヌス

他サービスで検索

「文芸倶楽部」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation