@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

斉唱【セイショウ】

デジタル大辞泉

せい‐しょう〔‐シヤウ〕【斉唱】
[名](スル)
声をそろえて一斉にとなえること。「万歳斉唱
同一の旋律を二人以上で同時に歌うこと。ユニゾン。「国歌を斉唱する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいしょう【斉唱】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいしょう【斉唱】
スル
同じ旋律を多くの人が同時に歌うこと。ユニゾン。 校歌を-する
一斉にとなえること。 → 合唱独唱重唱

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

斉唱
せいしょう
同一の旋律を複数の人が歌うこと。たとえば、小学校低学年の歌唱教育では、児童たちに同じ旋律を同時に歌わせているが、これを唱とよぶ。合唱曲ではたいてい複数の互いに異なった旋律が同時に歌われるが、そのような曲中に斉唱が用いられると強い表現力を発揮することがある。なお、西洋のユニゾンunisonは斉唱、斉奏(同一の旋律を複数の楽器が奏すること)のいずれに対しても用いられる。[石多正男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せい‐しょう ‥シャウ【斉唱】
〘名〙
① 大勢でいっせいにとなえること。
※白い壁(1934)〈本庄陸男〉二「教室からは、たからかな教育勅語の斉唱が廊下に溢れ出た」 〔無名氏‐青驄白馬曲〕
② 声をそろえて歌うこと。特に現代では多人数の歌い手が同じ旋律を同じ高さ、またはオクターブ高低させた声で歌うこと。和声をもたない点で合唱と区別される。ユニゾン。
※北里歌(1786か)「後面迎郎前面送、幾家斉唱想夫憐」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

斉唱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

斉唱の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation