@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【せい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


せい
Qi; C`hi
中国の諸侯国の一つ。 (1) 代の侯国の一つ (前 11世紀~前 379) 姜。周初の功臣太公望呂尚 (りょしょう) が封建されてできたと伝えられ,都は臨 淄 (りんし。山東省臨 淄) 。春秋時代前期に桓公が管仲を用いて富国強兵策を行い,五覇の第1となった。その後は隣国と対立を続けたが,簡公4 (前 481) 年家臣の田氏が簡公を殺して専権ふるい,康公 15年 (前 386) 年田和 (でんか) が康公を追放して斉侯となり,姜姓の斉は滅亡した。 (2) 戦国時代の七雄の一つ (前 386~221) 。姓は田氏。田氏は氏とも呼ばれ,元来陳国の王族であったが,逃れて斉の桓公に仕え,次第に民心攬して他の貴族を圧倒し,康公 15年主君の位を奪い,諸侯となった。戦国時代中期威王,宣王の頃は政治,文化の一中心をなした (稷下の学) が,王健 44 (前 221) 年始皇帝に滅ぼされた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。


せい
劉予」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せい【斉】
中国の国名
春秋時代列国の一。武王によって呂尚(りょしょう)(太公望)が封ぜられた国。現在の山東省の地。都は臨淄(りんし)。前7世紀、桓公の時に覇者となったが、前379年、重臣の田氏に滅ぼされた。姜斉
戦国七雄の一。前379年、田氏がの国政を奪い建国。前4世紀後半に最盛期を迎え、山東省の全域を支配したが、前221年、に滅ぼされた。田斉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい【斉〔齊〕】[漢字項目]
常用漢字] [音]セイ(漢) サイ(慣) [訓]ととのえる ととのう ひとしい
凸凹がなく等しくそろっている。そろえる。ととのえる。「斉一斉唱一斉均斉整斉・修身斉家
中国、春秋時代の国名。「斉東野人田斉
[名のり]きよ・ただ・ただし・とき・とし・なお・なり・ひさし・まさ・むね・よし

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せい【斉 Qí】
中国,春秋時代の姜(きよう)姓の侯国。?‐前379年。戦国の田斉と区別して姜斉ともいう。前11世紀末,周建国の功臣太公望呂尚が営丘(山東益都県か?)に封ぜられたのにはじまる。のち現山東臨淄(りんし)県にうつる。春秋時代には疆域を拡大,第15代桓公は北の山戎やてき)を撃ち,北上するを抑え,周王室をたすけ,最初の覇者となる。その死後におされたが,山東を支配,晋・楚に対抗する大国であった。のち陳から亡命した田氏が大夫として力を得,前386年康公を閉して国を奪う。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

せい【斉 Qí】
中国,戦国七雄の一つ。前386‐前221年。姜(きよう)姓の斉と区別して田斉ともよぶ。前672年,陳の貴族田完が斉(姜姓)に亡命し,桓公に仕えて大夫となり,勢力を得た。のち斉の正卿の国氏,高氏を追放して国政を掌握し,前386年斉の康公を幽閉して国を奪い,周王より諸侯として承認された。威王,宣王のとき強盛となり,都の臨淄(りんし)(山東臨淄県)は最大の都市として繁栄,多数の学者も集まった(稷門(しよくもん))。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

せい【斉 Qí】
中国,南朝4王朝の一つ。479‐502年。北朝の斉を北斉と呼ぶのに対して南斉と呼ぶ。晋陵武進(江蘇省常州)に僑置された南蘭陵蘭陵の人,蕭道成(しようどうせい)(高帝)が創業。対北魏防衛の拠点である淮陰(わいいん)(江蘇省淮陰)の軍閥として実力を蓄え,中央に召されて軍政を担当,江州刺史桂陽王劉休範,荆州刺史沈攸之(しんゆうし)などの挙兵を平定して宋から王朝を譲られた。高帝と武帝の2代は開国の功臣や貴族の支持によって比較的安泰であったが,北魏との交戦によって疲弊し,また社会的には社会の底辺の寒人層の台頭が目だった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

せい【斉 Qí】
中国の王朝。550‐577年。北斉,高斉ともいう。東魏の実力者高歓の死後,その地位を引き継いだその子の高澄は政権奪取を計画していたが,不慮の死をとげた。弟の高洋は革命を敢行して斉を建て(文宣帝),引き続き(ぎよう)を首都としたが,高氏の軍事根拠地である太原もその重要性を失わなかった。文宣帝は酒乱の暴君で,漢人貴族楊愔(よういん)らを股肱として一族,功臣をしきりに誅殺した。帝の死後その不満が爆発して宗室の諸王が楊愔らを殺し,その中心人物常山王演が功臣たちの支持によって即位した(孝昭帝)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

せい【斉】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せい【斉】
周代の侯国。周の武王により呂尚(太公望)が封ぜられた国(?~前379)。今の山東省の地。桓公の時、春秋時代最初の覇者となったが、のち重臣の田氏に滅ぼされた。
戦国七雄の一。田氏がを滅ぼし、周王より諸侯に封じられて成立(前386~前221)。秦に滅ぼされた。田斉でんせい
南朝の一王朝。 → 南斉
北朝の一王朝。 → 北斉

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せい【斉】
中国の国名。
[一] 紀元前三七九年まで続いた周代の諸侯国の一つ。周の武王によって呂尚(太公望)が封ぜられた国。山東を領有。前七世紀に桓公の富国強兵策により五覇となった。二九世で、重臣の田氏に国を奪われた。姜斉(きょうせい)
[二] 戦国の七雄の一つ(前三七九‐前二二一)。周初以来の斉を、重臣の田氏が奪って建国。前者と区別するために田斉とも呼ばれる。山東を領有。前四世紀後半に最盛期に達したが、前二八四年燕に敗れて国力が傾き、秦・趙に圧迫され、やがて秦に滅ぼされた。都の臨淄を中心に商業活動が盛んで、刀貨が流通し、学問も栄えたので、諸子百家の中心地となった。
[三] 南北朝時代、南朝の第二王朝(四七九‐五〇二)。通称は南斉。宋の武人蕭道成(高帝)が宋の順帝の禅譲により建国。蕭(梁の武帝)に国を奪われ、七代で滅んだ。
[四] 南北朝時代、北朝の王朝(五五〇‐五七七)。通称は北斉、高斉。東魏の高洋(文宣帝)が建国。北周に滅ぼされた。
[五] 南宋初期、金の建てた王朝(一一三〇‐三七)。金の将軍宗翰が南宋の降臣劉予を皇帝として建国。山東、河南、陝西を領有したが、宗翰の失脚後廃された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版


せい
①周代の諸侯国の一国
②南北朝時代の南朝の一国 479〜502
③南北朝時代の北朝の一国 550〜577
④南宋の初めに金が宋の降将劉予 (りゆうよ) を擁立して建てた国 1130〜37
太公望呂尚 (たいこうぼうりよしよう) が山東省臨淄 (りんし) に封じられたのに始まる。前7世紀,桓公は管仲 (かんちゆう) を重用して国勢を伸張し,春秋最初の覇者(春秋の五覇 (ごは) )となって,山東の大半を領有した。のち内乱により,前386年政権は家臣の田 (でん) 氏に帰した(これ以前を姜斉 (きようせい) ,以後を田斉と呼ぶ)。戦国の七雄の1つに数えられ,前4世紀末,都の臨淄は栄え,諸子百家の士が集まって戦国時代の文化の中心となった。前221年秦に滅ぼされた。
南斉ともいう。
北斉ともいう。 ➡ 北斉
山東・河南陝西の地を領有。その他,唐末の黄巣 (こうそう) も斉国皇帝を自称した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

斉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation