@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

斎忌【さいき】

大辞林 第三版

さいき【斎忌】
祭りの前に行う物忌み。神を迎えるために心身を清浄にした生活を送ること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さい‐き【斎忌】
〘名〙 祭の前に行なう物忌(ものいみ)。神霊を迎えるにあたって、心身を清浄にして慎みの生活を送ること。一か月ほど前から荒忌(あらいみ)という軽い物忌にはいり、一週間ほど前から真忌(まいみ)という厳重な物忌状態にはいるのが普通。
※菅家文草(900頃)一一・為源大夫閤下、先妣伴氏周忌法会願文「荘厳甫就先妣往年之宿心、妙理新開弟子今日之斎忌

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

斎忌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

斎忌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation