@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

斎田【サイデン】

デジタル大辞泉

さい‐でん【斎田】
神に供える米を栽培する田。御供田(ごくうでん)。神饌田(しんせんでん)。いつきた。
大嘗祭(だいじょうさい)え物にする穀物を作る田。悠紀(ゆき)主基(すき)の田。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

さいでん【斎田】
神饌しんせんに用いる米を栽培する田。
大嘗祭だいじようさいに供進する御酒・御饌の料となる新穀を作る田。悠紀ゆき・主基すきの両田。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さいた【斎田】
(「さいだ」とも) 姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さい‐でん【斎田】
〘名〙 (清めととのえた田の意)
① 神饌(しんせん)に用いる米を栽培するために、特別に定められた田。
※大徳寺文書‐応安六年(1373)一一月三日・国重売券「うりわたすさいてんの事」
② 特に、大嘗祭(だいじょうさい)に供進する御酒・御饌の料に用いる穀物を作る田。悠紀(ゆき)、主基(すき)の両田。ぬきほだ。
※登極令(明治四二年)(1909)八条「大嘗祭の斎田は京都以東以南を悠紀の地方とし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

斎田」の用語解説はコトバンクが提供しています。

斎田の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation