@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

斎藤氏【さいとううじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

斎藤氏
さいとううじ
藤原氏の一流。藤原魚名の子孫時長の孫叙用が斎宮頭に任じられて以降斎藤氏を称したという。その子孫は代々北国に栄えた。加賀斎藤氏,疋田斎藤氏,鏡斎藤氏,吉原斎藤氏,河合斎藤氏,長井斎藤氏,勢多斎藤氏,美濃斎藤氏などが特に有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さいとううじ【斎藤氏】
中世の武家家門。藤原氏の庶流を祖とすると思われるが確実な根拠はない。(1)史上初めて斎藤氏の名が現れるのは平安末期で,源義朝の被官斎藤実盛本貫が越前で実盛の代に武蔵長井に移住し,保元・平治の乱に功を立てたが,のち平宗盛・維盛に仕えた。その子宗貞は維盛の子の六代を守って嵯峨にかくれたが,のち出家した。また平氏では平重盛に仕えた滝口入道として著名な斎藤時頼がいる。(2)鎌倉・室町両幕府の奉行人を務めた斎藤氏。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

斎藤氏
さいとううじ
中世の武家。「芋がゆ」で有名な鎮守府将軍藤原利仁(ふじわらのとしひと)の子叙用(のぶもち)に始まる。叙用が斎宮頭(さいくうのかみ)に任ぜられたことから、斎宮頭藤原を略して斎藤とよばれた。利仁の母が越前国(えちぜんのくに)(福井県)敦賀(つるが)の豪族秦(はた)氏の女(むすめ)であった関係から、斎藤は北国一帯に栄えた。加賀斎藤氏とその支流の富樫(とがし)・林、越前国を本拠とする疋田斎藤(ひきたさいとう)・河合斎藤(かわいさいとう)などである。越前斎藤の流れでは、鎌倉・室町幕府職員の斎藤氏、また、親頼(ちかより)が美濃国(みののくに)(岐阜県)の目代(もくだい)となったのに始まる美濃斎藤氏が著名。美濃斎藤氏は守護土岐(とき)氏の守護代を代々勤め、応仁(おうにん)の乱(1467~1477)のころ妙椿(みょうちん)の代には一国の実権を握り、中央の戦局にも大きな影響を及ぼすなど全盛期を迎えた。妙椿の没後、後を継いだ利国(としくに)は近江(おうみ)の六角征討の最中、占領軍に反対する近江の土民数万と闘い大打撃を被り、退却の途中近江で一族とともに1496年(明応5)自害した。幼少のため征討軍に加わらなかった子利隆が後を継いだが復興ならず斎藤宗家は没落した。斎藤道三(どうさん)を油売りから身をおこした一世の風雲児とするのは誤りで、道三の父はもとは京都の妙覚寺(みょうかくじ)の学僧で、初め西村(にしむら)を名のり、次に長井の名跡を奪い長井新左衛門尉(しんざえもんのじょう)と称し、大きな力をもつに至ったものである。その子道三は力ずくで美濃斎藤の名跡を奪った。これが斎藤左近大夫利政(としまさ)、後の道三である。斎藤氏はその孫龍興(たつおき)の代に織田信長に滅ぼされた。[矢田俊文]
『小和田哲男著『戦国大名』(教育社歴史新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

斎藤氏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

斎藤氏の関連情報

他サービスで検索

「斎藤氏」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation