@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

斎藤秀三郎【サイトウヒデサブロウ】

デジタル大辞泉

さいとう‐ひでさぶろう〔‐ひでサブラウ〕【斎藤秀三郎】
[1866~1929]英語学者。宮城の生まれ。正則英語学校を創立し、日本の英語学の発展に尽くした。熟語本位英和中辞典」「斎藤和英大辞典」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

斎藤秀三郎 さいとう-ひでさぶろう
1866-1929 明治-昭和時代前期の英語学者。
慶応2年1月2日生まれ。工部大学校にはいり,英語教師ディクソンの影響をうけた。一高教授などをへて,明治29年東京神田に正則(せいそく)英語学校(現正則学園高)を創設し,校長となる。「実用英文典」「熟語本位英和中辞典」などおおくの編著がある。昭和4年11月9日死去。64歳。陸奥(むつ)仙台出身。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

斎藤秀三郎
さいとうひでさぶろう
(1866―1929)

英語学者。宮城県に生まれる。宮城英語学校を経て工部大学校(現、東京大学工学部)中退。1887年(明治20)二高助教授。岐阜、長崎、名古屋中学校で教え、1894年一高教授。1896年神田に正則(せいそく)英語学校を創設、校長となり、English Idiomology(英語慣用語学)を追究した。その『実用英文典』は現行の学校英文法の基盤となり、『熟語本位英和中辞典』が英語学界に与えた利益は計り知れない。著書は二百数点の多きに上る。

[大村喜吉 2018年10月19日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さいとう‐ひでさぶろう【斎藤秀三郎】
英語学者。仙台出身。宮城英語学校卒業後、上京して工部大学校に入学、造船学を専攻したが中退。同校でイギリス人ディクソンについて英語、英文学を学ぶ。明治二九年(一八九六)東京神田錦町に正則英語学校を創立。同三七年東京大学文科大学講師。主著「斎藤和英大辞典」。慶応二~昭和四年(一八六六‐一九二九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

斎藤秀三郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

斎藤秀三郎の関連情報

関連キーワード

清水宏斎藤寅次郎マキノ雅広稲垣浩島津保次郎内田吐夢小津安二郎溝口健二五所平之助大恐慌

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation