@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

斎部広成【いんべのひろなり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

斎部広成
いんべのひろなり
奈良時代の神官大同3 (808) 年に従五位下。広成らの属する斎部氏は,古くから中臣氏とともに宮廷祭儀を司り,その地位上下はなかったが,中臣氏から出た藤原氏が次第に力を得るに従って,斎部氏は中臣氏から軽んじられるようになった。これを日頃残念に思っていた広成は,大同2 (807) 年に,たまたま平城天皇の質問があったのを機会に,『古語拾遺』 (1巻) を著述して,大いに家勢の挽回に努めた。ときに八十余歳であったという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いんべ‐の‐ひろなり【斎部広成】
平安初期の廷臣中臣氏に排斥されて斎部氏が衰えたのを嘆き、「古語拾遺」を著して、斎部氏の由来を明らかにした。生没年未詳。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

斎部広成 いんべの-ひろなり
?-? 平安時代前期の官吏。
延暦(えんりゃく)22年(803)忌部浜成らとともに忌部を斎部にあらためる。中臣(なかとみ)氏とともに朝廷神事祭祀を担当。大同2年(807)平城(へいぜい)天皇の下問に応じて「古語拾遺」をあらわし,朝廷の祭祀における斎部氏の由緒ある役割と中臣氏の職務上の専横をうったえた。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

いんべのひろなり【斎部広成】
平安初期の官人。生没年不詳。後に《古語拾遺》とよばれる1巻の上表文を平城天皇に提出した807年(大同2),〈齢,既に八十を逾(こ)ゆ〉とみずから書いているので,720年代後半の生れとみられる。位は翌年に従五位下。斎部は同族の正六位上忌部浜成らとともに803年(延暦22)に申請して忌を斎と改字したもの。【青木 和夫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いんべのひろなり【斎部広成】
奈良・平安前期の官人。祭祀さいしが中臣氏に集中していることの不当さを述べ、斎部氏の由緒を明らかにしようとした「古語拾遺」の撰者。生没年未詳。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

斎部広成
いんべのひろなり
生没年不詳。8世紀後半から9世紀初頭の神祇(じんぎ)官人。『古語拾遺(こごしゅうい)』の撰者(せんじゃ)。808年(大同3)11月、平城(へいぜい)天皇即位の大嘗会(だいじょうえ)に奉仕した賞として従(じゅ)五位下を授けられたこと以外、正史にはいっさいみえない。これより先、斎部氏はその職掌に関して中臣(なかとみ)氏と争い、桓武(かんむ)天皇から両氏相並んで奉仕すべき裁定を被ったが、この争論中、斎部氏は「わが家には、国史・家牒(かちょう)に漏れた種々の旧説を伝えている」と揚言したので、やがて平城天皇の召問を受けることとなり、かくてまとめられたものが『古語拾遺』である。齢(よわい)80に余る広成は情熱を傾けて旧説故事を録し、あわせて中臣氏の横暴11か条をあげ、これが是正を陳情したのであるが、結果はむなしかった。[黛 弘道]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いんべ‐の‐ひろなり【斎部広成】
中古初期、祭祀にたずさわった官人。大同二年(八〇七)「古語拾遺」を著わす。生没年未詳。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

斎部広成
いんべのひろなり
727ごろ〜?
平安初期の官人
807年歴史書『古語拾遺』1巻を著し,斎部氏が中臣氏とともに朝廷祭祀にあずかるべき家柄であることを主張。中臣氏に対抗して斎部氏の衰運の回復をはかった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

斎部広成」の用語解説はコトバンクが提供しています。

斎部広成の関連情報

関連キーワード

懐信可汗新資料集の刊行画工司衛門府鍛冶司喪儀司縫部司漆部司兵馬司

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation