@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

斗南藩【となみはん】

世界大百科事典 第2版

となみはん【斗南藩】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

斗南藩
となみはん
明治初年、陸奥(むつ)国北郡・三戸(さんのへ)郡(青森県)、二戸(にのへ)郡(岩手県)内において3万石を領有した家門(かもん)小藩。幕末に京都守護職として活躍した会津藩主松平容保(かたもり)は、戊辰(ぼしん)戦争で新政府軍に徹底抗戦したため、1868年(明治1)所領を没収されて禁錮(きんこ)(鳥取藩預け)に処せられたが、翌年赦免されて家名再興が許され、嗣子容大(ししかたはる)が北郡・三戸郡・二戸郡内において3万石を与えられて立藩した。藩名には「北斗以南皆帝州」の気概が込められていた。藩領は北郡内35か村(9340石余)、三戸郡内26か村(1万7554石余)、二戸郡内9か村(3555石余)で構成されていたが、71年廃藩置県により斗南県を経て弘前(ひろさき)県となり、すぐ青森県と改称。ただし、二戸郡は岩手県に編入された。[細井 計]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

斗南藩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

斗南藩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation