@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【ト】

デジタル大辞泉

と【斗】
尺貫法容積単位。1の10倍、すなわち約18.039リットル。→升(しょう)
ます。特に、一斗枡(いっとます)。
建築で、斗形(ますがた)
二十八宿の一。北方の第一宿。射手座中の北西部の六星、南斗六星をさす。ひつきぼし。ひきつぼし。斗宿。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

と【斗】[漢字項目]
常用漢字] [音](慣) [訓]ます
ひしゃく。ます。「火斗玉斗漏斗(ろうと)
容積の単位。一升の10倍。「斗酒五斗米(ごとべい)
ひしゃく形の星座の名。「斗牛星斗泰斗北斗
[名のり]け・はかる・ほし
[難読]漏斗(じょうご)斗掻(とか)き熨斗(のし)・抽斗(ひきだし)・火熨斗(ひのし)翻筋斗(もんどり)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

と‐ます【斗】
漢字の(つくり)の一。「料」「斟」などの「斗」の称。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

と【斗】
尺貫法における容量の単位。古代中国に始まり,日本の現代まで使われた単位である。10升に等しく,1891年制定の度量衡法によれば,約18.039dm3である。貫法の廃止に伴い,1959年1月以降法定単位ではない。日本酒の〈四斗樽(しとだる)〉は清酒を4斗入れたことによる。【三宅 史】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

と【斗】
尺貫法の容積の単位。一斗は一〇升、約18.039リットル。 →
和船の積載量または材木の実体積の単位。石こくの一〇分の1、一立方尺(約0.0278立方メートル)。
二十八宿の一。北方の星宿。射手いて座の南斗六星にあたる。ひきつぼし。
日本建築の柱などの上に設ける四角い材。ます。ますがた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とます【斗】
漢字の旁つくりの一。「料」「斜」などの「斗」の部分。ます目、量ることなどに関する文字を作る。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ます【斗】
ます(枡)と同源
社寺建築の斗栱ときようを構成する方形の受け木。柱の上あるいは肘木ひじきの先端にあり、別の肘木や桁けたを受ける。大斗・巻斗・方斗などがある。ますがた。と。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

単位名がわかる辞典

と【斗】
体積の単位。1斗は1升の10倍。約18.04ℓ。中国では古代から、日本では8世紀初めから使われた。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


尺貫法の体積の単位。10升をいう。古代中国に始まる。現在の日本の1斗は18.04リットルに相当する。斗の文字は柄のついた柄杓(ひしゃく)を表したものである。古代中国の漢代の1斗は、残存する標準枡(ます)「新嘉量(しんかりょう)」によると、いまの1升1合程度で、江戸時代までに約10倍にもなった。枡は徴税の道具でもあったので、時の権力者によって徴収量を増やす意図があったとみられる。[小泉袈裟勝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

と【斗】
(「と」は「斗」の慣用音)
[1] 〘名〙
① 尺貫法で容積の単位。一斗は一升の一〇倍。一石の一〇分の一。一八・〇三九リットルにあたる。一斗は一升の一〇倍であるから、一斗の容積は一升の容積が歴史的に大きな変遷を経てきたのと同様に大きく変化をしている。また、平安末期から近世までの、量制の基準の失われた中世では、必ずしも十進法によらず、九升一斗・四升一斗・六升一斗などの累進法も行なわれた。→升(しょう)
※令義解(718)雑「量。十合為升。十升為斗。十斗為斛」 〔礼記‐投壺〕
② ます。穀類などの計量器。一斗枡・一升枡の総称とみるが、一斗枡の意に用いることが多い。枡の制定者や性質を表わす文字を冠して、本斗・国斗・主殿寮斗・宣旨斗などと称される。
※延喜式(927)一二「女孺厨 〈略〉年料庸布五段。〈略〉笥一百合。斗一口。升二口」 〔史記‐田敬沖・完世家〕
③ 柄杓(ひしゃく)。主に酒をくむのに用いる柄のついた器。〔詩経‐大雅・行葦〕
④ 十三弦の箏の第十一弦をいう。七弦琴の場合は第五弦。〔二十巻本和名抄(934頃)〕
⑤ 楽琵琶の柱(じゅう)の名。第一弦の第四柱のこと。
[2] 二十八宿の北方七宿の第一宿。射手座(いてざ)の東北部にあたる星宿。形が斗(柄杓)に似るところからいう。斗宿。ひつきぼし。〔詩経‐小雅・大東〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

斗の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation