@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

料理物語【りょうりものがたり】

日本大百科全書(ニッポニカ)

料理物語
りょうりものがたり

日本最古の料理書。1643年(寛永20)刊行。著者は不明。『続群書類従(ぐんしょるいじゅう)』飲食部に収録されている。従来の庖丁書(ほうちょうしょ)を見慣れた人たちに新鮮な印象を与え、その後の料理書にも本書から数多く引用されるなど、料理書の古典として声価は高い。第一の海の魚から第七の青物の部までは食品材料をあげて料理法を列挙、第八のなまだれだし、いりざけの部以下第九より第19まで「汁、なます、指身(さしみ)、さかびて、煮物、焼物、吸もの、料理酒、さかな、後段、菓子、茶」とあり、それぞれの代表的な料理の作り方を説明、第20は万聞書(よろずききがき)の部として、一夜ずしの仕様など、そのほか関連料理の作り方を列記している。この様式は以後の料理書の書き方に影響を与えた。

[小柳輝一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りょうりものがたり レウリ【料理物語】
江戸初期の料理書。一冊。著者未詳。寛永二〇年(一六四三)刊。平常の料理の材料・調理法などを記した実用書。従来の式法にとらわれない画期的なもので、後の料理書に大きな影響を与えた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

料理物語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

料理物語の関連情報

関連キーワード

ルイフランス史(年表)皇太極トリチェリセーリスセーリスニューイングランド連合ミアントノミモラレス後光明天皇

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation