@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

断る【コトワル】

デジタル大辞泉

こと‐わ・る【断る〔断わる〕】
[動ラ五(四)]《「理る」と同語源》
あらかじめ知らせておいて了解を得る。許しを得る。「本題に入る前に―・っておく」「―・って早退する」
相手の申し出などに応じられないことを告げる。拒絶する。辞退する。「誘いを―・る」「借金を―・られる」
念のために言う。「周知の事実だから、ここに―・るまでもないことだが」
契約や雇用などの関係をうち切る。「今月限りで取り引きを―・る」「定期購読を―・る」
[可能]ことわれる
[用法]ことわる・こばむ――「要求を断る(拒む)」「申し出を断る(拒む)」など、応じない・辞退するのでは通じて用いられる。◇「拒む」は、威圧的・強制的な要求や申し出などを辞退することで、「出席を拒む」といえば、出席せよという命令拒否する意になる。◇口頭語では一般に「断る」を多く使い、「せっかくだけど断るよ」「お断りします」のようにいう。◇「断っておくが、私は反対です」のように、あらかじめ知らせておくの意は、「拒む」にはない。また、「土砂崩れ行く手を拒む」のような、さまたげるの意は「断る」にはない。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

断る」の用語解説はコトバンクが提供しています。

断るの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation