@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

断層崖【だんそうがい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

断層崖
だんそうがい
fault scarp
断層地表まで達し両側地面が相対的にずれ運動を行なった結果形成される。多くは直線的に数 kmから数百 kmの長さにわたって連なっている。 1891年の濃尾地震では岐阜県根尾谷で 6mの崖が,1964年のアラスカ地震では比高数mの逆断層崖が形成された。1回の地震で形成される断層崖の高さはたかだか数mにすぎないが,それらが地震のたびに累積されると,ついには数 kmをこえる断層崖が形成される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だんそうがい【断層崖】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

だんそう‐がい【断層崖】
〘名〙 断層運動によって地表に現われた断層面のつくる崖。〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だんそう‐がい【断層崖】
断層運動によって生じた急斜面。地表に露出した断層面など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

断層崖
だんそうがい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

断層崖」の用語解説はコトバンクが提供しています。

断層崖の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation