@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

断層海岸【だんそうかいがん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

断層海岸
だんそうかいがん
fault coast
断層によって海側が低くなり,海面下に没して形成された海岸線を伴う海岸。海岸線は直線状をなし,背後斜面急斜面であることが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だんそう‐かいがん【断層海岸】
断層崖(だんそうがい)からなる海岸。直線状の切り立った急斜面をつくる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

断層海岸
だんそうかいがん

海岸線の元の地形が、断層運動によって形成されたものをいう。直線的で平滑な海岸線を示す急峻(きゅうしゅん)な海崖(かいがい)が続き、水深は著しく大きい。このような海岸には懸谷(けんこく)がみられ、滝がみられることもある。海崖は、本来断層崖であったものが、陸上侵食や海食を受け、若干修飾された地形を示すことが多い。しかし、海食の量はきわめてわずかであるから、海食台の発達は悪い。台湾の東海岸や、福井県の敦賀(つるが)湾東部海岸などは、断層海岸の模式的な事例として知られる。

[豊島吉則]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だんそう‐かいがん【断層海岸】
〘名〙 断層崖が海面に接している海岸。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

断層海岸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

断層海岸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation