@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

断層角礫岩【だんそうかくれきがん】

岩石学辞典

断層角礫岩
断層面に沿って形成された角礫岩で,割れた岩石片として断層面に見られる[Diller : 1898].細粒のマトリクスの中に大きさが変化する粗粒で角張った破片が含まれている[Cotta : 1862, Geikie : 1940,渡辺編 : 1935].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

断層角礫岩
だんそうかくれきがん
fault breccia
断層運動の破砕作用によって生じた角礫岩。 (→断層破砕帯 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

断層角礫岩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

断層角礫岩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation