@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

断然【ダンゼン】

デジタル大辞泉

だん‐ぜん【断然】
[ト・タル][文][形動タリ]態度のきっぱりとしているさま。また、最後まで押しきって物事をやり遂げるさま。
「政府はナゼ―たる政略を施されんのか」〈鉄腸・花間鶯〉
[副]
きっぱりと心を決めるさま。「私は断然反対だ」
(あとに打消しの語を伴って)決して。絶対に。「断然認めない」
ずばぬけて。なみはずれて。「断然彼がトップだ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だん‐ぜん【断然】
[1] 〘形動タリ〙 物事に対処したり意見を主張したりする時などに、態度をきっぱりとするさま。また、周囲の反対などをおしきってあえて行なうさま。決然。断乎。
※報徳記(1856)七「然るに先君断然(ダンゼン)として諫に随ひ愛子を以て艱難の地に養はしむ」
[2] 〘副〙
① きっぱりと。決然と。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「若し此鉄軌を敷けば、公道を私占して、一人にて車の利を専にし、他の馬車屋を圧倒するとて、種種に苦情を言出したれども、市庁にて断然挙行せしに」
② (下に打消の語を伴って) 決して。ぜったいに。
※大阪の宿(1925‐26)〈水上滝太郎〉六「断然惚れてゐないと云ふ返事だった」
③ なみはずれて。ずばぬけて。
※まんだん読本(1932)みんな映画の影響だ〈古川緑波〉「バンクロフトの人気は、ダンゼン力強いのだ」
[語誌]((二)について) (1)①は形容動詞の用法が副詞化したもの。
(2)③は昭和六年(一九三一)頃から流行した用法。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

断然」の用語解説はコトバンクが提供しています。

断然の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation