@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

断熱変化【だんねつへんか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

断熱変化
だんねつへんか
adiabatic change
系が外との間に出入りなしに行う状態変化。これに対して,熱の出入りは許すが系の温度一定に保ちながら行う状態変化を等温変化という。理想気体が準静的な断熱変化を行う場合,ポアソンの法則が成り立つ。理想気体の準静的な断熱変化は等エントロピー変化であるが,一般に,断熱変化を可逆的に行えばエントロピーは一定,不可逆的に行えばエントロピーは増大し,エントロピーは決して減少することはない。これがエントロピー増大の原理である。常磁性体を等温状態で磁化したのち,断熱状態で磁場を除くと,極低温が得られる。この方法を断熱消磁という。また力学系について,その運動を支配する外部変数をきわめてゆっくり変化させることも断熱変化という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だんねつ‐へんか〔‐ヘンクワ〕【断熱変化】
熱力学で、外部との熱の出入りなしに行われる物体の状態変化。気体の場合、その温度は断熱圧縮によって上がり、断熱膨張によって下がる。また、状態変化の過程断熱過程という。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だんねつへんか【断熱変化 adiabatic change】
熱の出入りなしに行われる状態変化。断熱変化でも温度変化が起こり,通常,物体を断熱的に圧縮(断熱圧縮という)すると温度が上昇し,逆に断熱的に膨張(断熱膨張という)させると温度は下がる。ただし,ゴムのように熱膨張率のものでは断熱的に引き伸ばすと温度が上昇する。エントロピーは,断熱変化が可逆過程であれば不変であるが,不可逆過程では増加する。理想気体が準静的に断熱変化するときには, pv=一定 または Tvγ-1=一定の関係がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

断熱変化
だんねつへんか

外部との間の熱量の出入りがないように保持された変化。断熱過程ともいう。この変化を実現するのには、物体(作業体)を完全な熱絶縁物(無限大の熱抵抗率をもつ物質)で囲めばよい。完全な熱絶縁物は実際には存在しないから、断熱変化という概念は、厳密には、理想気体という概念などと同様に、熱力学で考える理想的なものである。一方、熱の移動速度は遅いので、周波数が1ヘルツ程度以上の交流的変化では、内部・外部間の熱の移動は無視することができて、この変化は断熱変化と考えることができる。これが断熱変化を近似的に実現する一つの方法である。

 断熱変化には断熱可逆変化と断熱不可逆変化とがある。熱力学によると、考える体系が外部から微少な熱量d´Qを吸収して、この系のエントロピーSがdSだけ変化するとき、この変化が可逆であればdS=d′Q/Tという等式が、不可逆であればdS>d′Q/Tという不等式が成立する。ただし、Tはこの系の絶対温度である。断熱変化ではd´Q=0であるから、断熱可逆変化ではdS=0であり、断熱不可逆変化ではdS>0である。すなわち、一つの系が断熱的に保持されているとき、そのなかにおこる変化が可逆的なものだけならば、Sは一定に保たれるが、系のなかにおこる変化は、厳密にはすべて不可逆であるから、結局、外界から熱的に絶縁された系においては、なんらかの変化がおこるたびに、この系のエントロピーは増大する一方である。これがエントロピー増大の原理とよばれるものである。

[沢田正三]

気象

断熱変化には断熱冷却と断熱昇温があり、前者には系の膨張、後者には系の圧縮が伴う。たとえば、空気粒子が上昇するときは周囲の気圧が低くなるので、空気粒子は膨張する。このとき、粒子と周囲との間に熱の交換がないとすれば、膨張に必要なエネルギーは空気粒子の内部エネルギーによって充当されるので、その分だけ内部エネルギーが減少し、それに応じて、空気粒子の気温は低下する。これが断熱冷却である。一方、空気粒子が下降するときは、空気粒子は圧縮され、断熱昇温をおこす。大気の運動は、多くの場合、断熱的であると考えてよい。水蒸気を含んだ空気の上昇運動に伴う断熱冷却と水蒸気の凝結は、雲の生成の主要な要因である。また、フェーン現象は断熱変化のもっとも典型的な例として知られている。

[股野宏志]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だんねつ‐へんか ‥ヘンクヮ【断熱変化】
〘名〙 外部との熱交換のない環境で行なわれる物体系の状態変化。気体の場合には、その温度は体積が収縮すると上昇し、膨脹すると下降する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

断熱変化
ダンネツヘンカ
adiabatic change

周囲から熱的に絶縁した状況のもとで,熱力学的系(粒子の集合体あるいは物体など)の状態を変化させること.たとえば,気体を熱を通さない壁(このような壁は厳密には実在しないが,理想状態として考える)でできたピストンに入れ,圧縮または膨張させる場合である.あるいは,壁(境界)を通して熱が流れる時間に比べ,それよりもずっと早く行われる圧縮や膨張の場合も断熱変化とみなすことができる.理想気体とみなすことのできる気体の断熱変化の場合には,圧力Pと体積Vとの間に

PVγ = 一定
の関係が成り立つ.ここで,γは気体の定圧比熱量と定容比熱量との比である.気体の温度をTとすると

TVγ-1 = 一定
の関係も成り立つ.一般に,断熱変化では系のエントロピーが減少することは決してない.その変化が可逆的な場合にはエントロピーは一定で,非可逆的な場合には増加する.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

断熱変化」の用語解説はコトバンクが提供しています。

断熱変化の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation