@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

斯波義廉【しばよしかど】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

斯波義廉
しばよしかど
室町時代中期の武将渋川義鏡の子。長禄3 (1459) 年斯波義敏が将軍足利義政に退けられて周防に出奔したのち斯波氏を継ぎ,治部大輔となり,尾張越前遠江3国の守護に任じられた。文正1 (66) 年,義政は3国の守護職を再び義敏に与えたが,山名宗全 (義廉の妻の父) ,一色義直らが義廉を支持したため,やがて義廉を3国の守護に補した。この義廉,義敏両者の対立応仁の乱につながるが,応仁1 (67) 年正月管領,5月左兵衛佐となった義廉は,山名宗全にくみして細川勝元,義敏らの東軍と戦い,文明9 (77) 年兵を収めて尾張に帰国した。法名源興。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しば‐よしかど【斯波義廉】
室町中期の武将。室町幕府の管領。斯波氏を継いで、越前・尾張・遠江(とおとうみ)の守護職となった。のち、義敏家督争い応仁の乱一因を作った。生没年未詳。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

斯波義廉 しば-よしかど
?-? 室町時代の武将。
渋川義鏡(よしかね)の子。寛正(かんしょう)2年(1461)将軍足利義政(よしまさ)の命により斯波家をつぎ,越前(えちぜん)・尾張(おわり)・遠江(とおとうみ)の守護となる。山名持豊推挙で文正(ぶんしょう)2年管領(かんれい)につく。家督をめぐり斯波義敏(よしとし)と対立,応仁の乱の一因となる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

しばよしかど【斯波義廉】
室町中期の武将。生没年未詳。渋川義鏡の子で別名義寛。1452年(享徳1)越前・尾張・遠江3ヵ国守護であった斯波義健没後に家督を継いだ義敏が,甲斐,朝倉,織田氏らの重臣の支持を失い,60年(寛正1)大内氏を頼って周防に逃れた。翌年に斯波家の家督を継ぎ,3ヵ国守護職となった。義敏が大内氏の力を背景に一時家督を回復すると,義廉はただちに義父山名持豊を頼んで再び家督についた。この家督争いが応仁・文明の乱の一因となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

斯波義廉
しばよしかど

生没年未詳。室町中期の管領(かんれい)。治部大輔(じぶのたいふ)、左兵衛佐(さひょうえのすけ)。渋川義鏡(しぶかわよしあき)の実子。斯波義健(よしたけ)の養嗣子(ようしし)義敏(よしとし)が重臣甲斐常治(かいつねはる)と争い、将軍義政(よしまさ)から廃せられたのち、義政の計らいで1461年(寛正2)斯波氏を継ぎ、越前(えちぜん)、尾張(おわり)、遠江(とおとうみ)の三国守護を兼ねた。やがて義政は伊勢貞親(いせさだちか)らの勧めで義敏を許し、66年(文正1)義廉の三国守護職(しき)を奪って義敏に与えたが、被官は多く義廉を支持し、義廉の母と同族の山名宗全(やまなそうぜん)(持豊(もちとよ))も加担した。貞親・義敏はいったん没落し、義廉は三国守護に復し、翌67年(応仁1)管領に任ぜられた。まもなく応仁(おうにん)の乱が起こると宗全の西軍に加わったので、翌年管領を罷免され、さらに71年(文明3)重臣朝倉孝景(たかかげ)が東軍に降(くだ)り、越前を制圧したため義廉は勢力が衰え、75年尾張に下り、織田敏広に擁せられた。

[小川 信]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しば‐よしかど【斯波義廉】
室町時代の武将。室町幕府の管領。渋川義鏡の子。将軍足利義政のはからいで斯波氏を継ぐ。のち義敏と斯波氏の家督を争い、応仁の乱の一因となった。生没年不詳。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

斯波義廉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

斯波義廉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation