@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

新バビロニア王国【シンバビロニアオウコク】

デジタル大辞泉

しん‐バビロニアおうこく〔‐ワウコク〕【新バビロニア王国】
前625年、アッシリアの滅亡後、セム系のカルデア人バビロニア地方に建てた王国。都はバビロン。前6世紀前半ネブカドネザル2世のもとで繁栄したが、前538年、ペルシアに滅ぼされた。カルデア王国。→バビロニア

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

新バビロニア王国
しんバビロニアおうこく
Neo-babylonia
前625〜前538
アッシリアの滅亡後,メソポタミアを支配したカルデア人の王国。カルデア王国ともいう
ナボポラッサル王が建国。ネブカドネザル2世のとき,シリア・フェニキアパレスチナを併合し,ユダ王国を滅ぼして住民を連れ帰り(バビロン捕囚),バビロンを首都としてオリエント第1の強国となった。しかし,前538年,ペルシア帝国のキュロス2世に滅ぼされた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

新バビロニア王国
しんばびろにあおうこく

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新バビロニア王国」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新バビロニア王国の関連情報

関連キーワード

慧灌マヘーンドラバルマン[1世]ウフドの戦いボニファチウス5世ナボポラサル森繁久彌請求権・経済協力協定会社分割と労働契約ハニーズA判

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation