@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

新ヒューマニズム【しんヒューマニズム】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

新ヒューマニズム
しんヒューマニズム
new humanism
20世紀初頭のアメリカにおける批評運動。その萌芽バビットの『文学とアメリカの大学』 (1908) にみられ,彼のほか P.L.モアを指導者とする。理論的根拠を主として 19世紀のイギリス詩人 M.アーノルドに求め,現代のデカダンスに対する防壁を人間の普遍的伝統と古典における倫理性に求め,自然主義やルソー流のロマン主義を批判した。 1920年代にはノーマン・フォースターらも加わって活発な動きをみせたが,30年代には大不況の襲来とともに説得力を失い,『ヒューマニズムとアメリカ』 Humanism and America (30,フォースター編) を最後に,急速に衰退した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新ヒューマニズム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新ヒューマニズムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation