@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

新ライン新聞【しんらいんしんぶん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

新ライン新聞
しんらいんしんぶん
Neue Rheinische Zeitungドイツ語
ドイツの三月革命(1848)期に発行された日刊紙。「民主主義の機関紙」という副題をもつ。革命勃発(ぼっぱつ)とともに亡命先から帰国したマルクスが滞在地ケルンにおいて編集し、1848年6月1日に発刊。民主主義陣営最左翼の立場からドイツにおける単一不可分の民主共和国の樹立を主張し、封建的な反革命勢力やこれと妥協的なブルジョアジーを厳しく弾劾した。ドイツ内外に通信員を派遣、ヨーロッパ全域にわたる48年の革命の経過を報道するとともに、マルクス、エンゲルス執筆による大衆啓発的な社説を多く掲載した。マルクスの国外追放と編集部への弾圧のため、49年5月19日付け、301号の赤刷り終刊号を最後にして廃刊された。[末川 清]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

新ライン新聞
しんラインしんぶん
Neue Rheinische Zeitung
ドイツの三月革命中,マルクスエンゲルスらが発行した日刊紙
ライン新聞が廃刊になったのち,1848年6月1日ケルンで創刊。単一共和国の建設,民主主義の実現を訴えたが,翌年5月19日に発禁となった。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新ライン新聞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新ライン新聞の関連情報

関連キーワード

一八四八年の革命三月革命マルクス1848年の革命と自由戦争記念日労働者友愛会ガルニエ=パージェスアウスグライヒウィーン蜂起革命カッタネオ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation