@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

新傾向俳句【しんけいこうはいく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

新傾向俳句
しんけいこうはいく
河東 (かわひがし) 碧梧桐を中心とする新傾向の俳句および俳句運動。高浜虚子とともに正岡子規門下の双璧であった碧梧桐は,明治末 (1908頃) ,自然主義の影響下に子規流の平面的写生から脱却季題趣味の打破,実感描写による個性発揮を唱え,「日本俳句」 (新聞『日本』の俳句欄) にって虚子らの『ホトトギス』派を圧倒,その句風は全国に及んだ。しかし,次第に先鋭化して「無中心句」などが主張され,大須賀乙字荻原井泉水中塚一碧楼らによる自由律俳句運動が起り,分裂の道をたどった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しんけいこう‐はいく〔シンケイカウ‐〕【新傾向俳句】
正岡子規没後大須賀乙字(おおすがおつじ)論文「新俳句界の新傾向」にを発し、河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)らが明治40年代に流行させた俳句。定型を破り、季題趣味から脱して、生活的、心理描写的なものを追求。のち、自由律俳句へと展開。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんけいこうはいく【新傾向俳句】
1908‐14年(明治41‐大正3)ころ,河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)選の〈日本俳句〉(《日本及日本人》の俳句欄)を中心に全国をふうびした俳句近代化運動。(1)第1期 大須賀乙字は08年《アカネ》に論文《俳句界の新傾向》を掲げ,進むべき道は〈思はずもヒヨコ生まれぬ冬薔薇 碧梧桐〉のように季題が境地情緒を象徴する暗示法にあると説いた。乙字啓発と自然主義の影響下に,河東碧梧桐は季題趣味の打破と生活実感の直写による主観尊重の新風を目ざし《日本俳句鈔第一集》を編むとともに,〈真に返れ〉と唱導した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しんけいこうはいく【新傾向俳句】
河東碧梧桐かわひがしへきごとうを中心とし、明治末から大正初めにかけて流行した、新しい作風の俳句。定型を脱し、用語・句調・季題や生活的心理的側面などに新しい表現を求めた。のちに自由律俳句へと展開する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

新傾向俳句
しんけいこうはいく
俳句用語。1908年(明治41)ごろから河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)選「日本俳句」(雑誌『日本及日本人』俳句欄)には、大須賀乙字(おつじ)の『俳句界の新傾向』(『アカネ』1908.2)が指摘するように、正岡子規(しき)流の平面的写生を脱しようとする動きがあり、乙字は「若鮎(わかあゆ)の二手(ふたて)になりて上(のぼ)りけり 子規」に対し「思はずもヒヨコ生れぬ冬薔薇(ふゆそうび) 碧梧桐」をあげて季題の象徴的用法による新展開を説いた。碧梧桐はこれに啓示されて『三千里』行脚(あんぎゃ)中、旧来の季題趣味打破に向かい、実感の直写による人間個性の発揮を唱え、季題による自然象徴を説く乙字の意図を超えて急進した。当時の自然主義思潮の影響であり、「誰(だれ)のことを淫(みだ)らに生くと柿主(かきぬし)が 一碧楼(いっぺきろう)」「雨の花野来(き)しが母屋(おもや)に長居せり 響也」などの句が注目された。ことに後句は、1日の生活の一こまをありのままに詠じたものと碧梧桐が評し「無中心」の句であるとした。「想化」を退けて現実に即するのが「無中心」であるとしたところにも、自然主義に通う点がある。碧梧桐も自作の「角力(すもう)乗せし便船(びんせん)のなど時化(しけ)となり」を「無中心」句とした。新傾向俳句は伝習的季題の革新とそれに伴う五七五調批判とに特色があり、やがて大正初頭にかけて自由律俳句が出現する過渡期の様相をもった。「新傾向」作家には自由律俳句作家となった者が多く、河東碧梧桐、荻原井泉水(おぎわらせいせんすい)、中塚一碧楼などがおもな者である。碧梧桐撰(せん)『日本俳句鈔(しょう)第一集』(1909)、『同第二集』(1913)、碧梧桐句集『新傾向句集』(1915)は新傾向俳句の句集である。[伊澤元美]
『阿部喜三男著『新訂俳句シリーズ 人と作品6 河東碧梧桐』(1980・桜楓社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しんけいこう‐はいく シンケイカウ‥【新傾向俳句】
〘名〙 明治四〇年代初頭から大正初頭にかけて、「ホトトギス」を主宰する高浜虚子の伝統的・客観的な俳句に対して興った、主観的な新しい作風をめざした俳句。俳句の定型と考えられる五七五の形式を打破し、季題趣味から抜け出ようとし、終末期には定型を全く破壊し、季題を無用とする自由律俳句に変貌していった。大須賀乙字が初めて主張、河東碧梧桐を中心に展開し、荻原井泉水や中塚一碧楼などがこれを継承した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新傾向俳句」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新傾向俳句の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation