@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

新古今調【しんこきんちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

新古今調
しんこきんちょう
新古今和歌集』の歌風を特徴づける調べ。具体的には,初句切れ,3切れが多いこと,体言止めが多いことなどがあげられる。初句切れが多いことは,切迫した声調の歌が多いことを意味し,そこに乱世の響きがあるとする見方もある。3句切れが多いことから,上句と下句との間には断絶が生じやすく,また観念飛躍が認められる場合が多い。このことから連歌的であるともいわれ,また「疎句」の歌が多いといわれる。たとえば,「思ふことなど問ふ人のなかるらん仰げば空に月ぞさやけき」 (慈円) などは『さゝめごと』で疎句の歌とされている。体言止めは言いさした表現なので,余情が生じる効果がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しんこきん‐ちょう〔‐テウ〕【新古今調】
新古今和歌集にみられる特徴的な歌のよみぶりや歌の調子。一般的には、情調的な諸要素が複合した、絵画的、物語的、象徴的な歌風で、余情・妖艶(ようえん)を尊ぶ。格調は韻律的で、初句切れ三句切れ本歌取り体言止めが多い。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しんこきんちょう【新古今調】
新古今和歌集に代表される歌風・歌調。また、それを模倣した歌風。和歌史上、万葉調・古今調と並び称される。発想・内容の特徴としては芸術至上主義的・技巧的・絵画的・音楽的・象徴的であり、修辞面では初句切れ・三句切れ・体言止め・本歌取りなどが挙げられる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しんこきん‐ちょう ‥テウ【新古今調】
〘名〙 歌論で、「新古今和歌集」の特徴的な歌のよみぶりや調べをいう。万葉調や古今調に対して、非現実的・夢幻的な象徴美の世界をかたちづくっている。余情にとむ妖艷(ようえん)な詠風で、三句切れ、本歌取り、縁語、掛詞、体言止めなどの修辞技巧、情趣的・感覚的な表現、唯美的・ロマン的な思潮などがその特色である。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新古今調」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新古今調の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation