@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

新喜劇【しんきげき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

新喜劇
しんきげき
前4世紀後半以後のギリシア喜劇古喜劇のように時事問題を扱わず,個人攻撃をせず,むしろエウリピデスの悲劇の影響のもとに発達したもので,恋物語をテーマにして,筋のおもしろさと性格描写をねらい,架空の人物を使って当世の生活を描く。人物も筋も平凡に類型化され,合唱隊は劇と関係のない幕間の音楽のためにのみなお存在していた。創始者はフィレモンといわれ,メナンドロスディフィロスがこれに続く。現存作品はメナンドロスの1編のみであるが,ほかに長い断片がいくつかあり,ローマのプラウツステレンチウス翻案劇から原作のうかがえるものもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新喜劇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新喜劇の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation