@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

新四軍【しんしぐん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

新四軍
しんしぐん
Xin-si-jun
中国の国民革命軍新編第四軍の略称。 1934年 10月紅軍主力が長征に出発後,華中,華南の紅軍残存部隊はなおゲリラ戦を続けていた。抗日民族統一戦線成立後,37年8月蒋介石の率いる国民政府のもとに,紅軍主力が国民革命第八路軍に編成されたのに続いて,同年 10月これら華中,華南の紅軍を主力として国民革命軍新編第四軍が編成された。葉挺を軍長,項英を副軍長兼政治委員とし,38年1月には南昌に司令部をおき,兵力は1万 300を擁した。その後,日本軍,国府軍の勢力が錯綜するこの地域で発展を続け,40年末には兵力約 10万に達した。しかし,39年から国共対立が急速に激化し,ついに 41年1月7日新四軍は安徽省 涇県で国府軍により,反乱のかどで攻撃され,9000人の部隊は壊滅的な打撃を受け,葉挺は捕えられ,項英は戦死した (皖南事変) 。そこで国府は同月 17日新四軍の編成を取消した。中国共産党はただちに陳毅を代理軍長,劉少奇を政治委員として,新四軍の再建,拡大に努め,45年には兵力 26万 8500人に達した。華北の八路軍,華南の抗日縦隊とともに華中の新四軍は,抗日戦争期の党軍事力の重要な支柱であった。 46年7月全面的な国共内戦の勃発に伴い,新四軍は人民解放軍の華東野戦軍に編成され,48年秋,中国人民解放軍第3野戦軍と改称された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しん‐しぐん【新四軍】
中国の抗日運動期に華中華南で活動した中国共産党軍。1937年の第二次国共合作によって、長征の残留部隊を基幹に編成。1941年の皖南(かんなん)事件で潰滅的な損害を受けたが、陳毅(ちんき)を中心に再編・増強された。→八路軍(はちろぐん)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんしぐん【新四軍 Xīn sì jūn】
中国共産党の国民革命軍新編第四軍の略称。1937年日中戦争の勃発で国共再合作となり,紅軍は国民革命軍に改編されたが,紅軍主力が長征で北上したのち,華中華南の根拠地に残留して遊撃戦を続けていた部隊を集めて新四軍(兵力1万2000。4ヵ支隊。軍長葉挺,副軍長項英)とした。国共関係が悪化すると,41年1月新四軍司令部は安徽省南部で国民政府軍に包囲され,9000人が全滅,葉挺は捕虜となり項英は戦死した(皖南事変)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

新四軍
しんしぐん

中国、長江(チャンチヤン)中・下流を作戦地区とした中国共産党軍。1934年、紅軍が長征に出たあと、華中(かちゅう)、華南(かなん)に残って遊撃戦を続けた部隊に、国民党政府が37年10月、国民革命軍新編第四軍の部隊番号を名のらせた。この略称が新四軍である。軍長に葉挺(ようてい/イェティン)、副軍長に項英(こうえい/シアンイン)が任命された。41年1月、江南の新四軍の江北移駐に対し、突如国民党軍が攻撃、葉挺は逮捕され、項英は戦死した。これを皖南(かんなん)事件または新四軍事件という。このあと共産党軍は陳毅(ちんき/チェンイー)を軍長に、張雲逸(ちょううんいつ)を副軍長、劉少奇(りゅうしょうき/リウシャオチー)を政治委員として再建に努め、前にも増して強大なものとした。抗日戦終了後の国内革命戦争では華東野戦軍として活躍した。

[安藤彦太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

新四軍
しんしぐん
1937年10月,紅軍から再編成された国民革命軍新編第四軍の略称。軍長は葉挺 (ようてい)
34年,紅軍の主力部隊は北上を開始したが,一部の部隊は旧ソヴィエト地区に残留し,ゲリラ活動を展開した。1937年抗日民族統一戦線が結成されると,北上した部隊は八路軍として国民革命軍に編入され,残留部隊は新四軍として再編成された。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新四軍」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新四軍の関連情報

関連キーワード

検察官(司法)ペルチナクスペルティナクス山田哲人国際連合コンモドゥスペルティナクスセウェルスディディウス・ユリアヌス監査

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation