@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

新増犬筑波集【しんぞういぬつくばしゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

新増犬筑波集
しんぞういぬつくばしゅう

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しんぞういぬつくばしゅう〔シンゾウいぬつくばシフ〕【新増犬筑波集】
江戸前期の俳諧論書。2冊。松永貞徳著。寛永20年(1643)刊。上巻油糟(あぶらかす)」、下巻淀川(よどがわ)」の総称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんぞういぬつくばしゅう【新増犬筑波集】
俳諧論書。貞徳著。1643年(寛永20)刊。上巻〈油糟(あぶらかす)〉と下巻〈淀川〉の2部から成る。上巻では《犬筑波集》の前句に複数の句を付け,下巻では〈俳言(はいごん)無し〉〈正体無し〉など同集の付合(つけあい)を批判,第三の自を付け足しその付心(つけごころ)を説明するなど,中世雑な俳風を革新して,俳諧の文学的確立を期した。結果としては《犬筑波集》に見られた生気をなくし,上品さが強調されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

しんぞういぬつくばしゅう シンゾウいぬつくばシフ【新増犬筑波集】
俳諧論書。二冊。松永貞徳著。寛永二〇年(一六四三)刊。上巻を「油糟」、下巻を「淀川」と称する。「油糟」では、「犬筑波集」の前句に付句を数句あるいは十数句付けなおし、「淀川」では、「犬筑波集」の付合を批判しながら、その付合にみずからの句を三句目に付け足し、かつその付け心を自解している。全体として一六世紀の「犬筑波集」の作風の古さを批判し、寛永の新風のあるべきさまを示したもの。「犬筑波集」の句風にくらべ、一句の意味が通り、おだやかな句作りになってきているが、自由奔放な生気が消失している。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新増犬筑波集」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新増犬筑波集の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation